BLOG

結婚したいなあと思ったら、身近なところに「イイ人いないかな~」って、まず最初に考えると思います。友人、サークルの仲間、職場の同僚や先輩、会社と自宅の行き帰りに出会う人も想い浮かべるかもしれません。

「イイ人が周りにいない」「独身の異性に出会えない」って気が付いた人!ずーっと待っていたって、都合よく目の前にあらわれることはありません。自分から相手を探すための行動を始めましょう!

「イイ人いたら紹介してよ~」あらゆる人に言っておく。

最初は一番に身近な友人にお願いしますよね。「ねえねえ、独身の男性で知ってる人いる?いたら紹介して~」って。

自分の性格や好みのタイプも理解してくれている友人からの紹介だったら、まずは安心ですよね。職場の上司や親戚や近所のおば様たちが、娘や息子のように心配して相手を探して紹介してくれるのもありがたいことですよ!(おせっかいが嫌じゃない人にとってはね)

友人や知人から紹介してもらったとしましょう。何度か会ってみて、やっぱりこの人とは合わないなあと気がついたら、紹介してくれた人に気兼ねしちゃって、素直に断りづらくなることもあります。うまく交際できたとしても、上司や親戚への気遣いが、結婚後も続いていくのは気が重い・・・そんなふうに考える人もいるでしょう。

合コン!結婚式!二次会!独身男性が集まる場所に行く。

合コン、結婚式や二次会は独身の異性が多く集まるイベントです。男性も女性も気合いの入った格好で集まりますから、第一印象から女性は綺麗に、男性はかっこよく見えます。その場の雰囲気を楽しみ、盛り上げるためには軽いノリが必要なので、テンションは高めになる傾向があります。

その場限りで盛り上がったとしても、なかなか次にはつながらないものです。期待しすぎてがっかりするほうが多いんじゃないでしょうか。

ちなみに周りの友人が結婚し始めると、合コンのお誘いはググッと減ります。結婚式や二次会のゲストも、既婚者が多くなります。合コンや結婚式や二次会での出会いを期待するには、旬を逃さないことです!

独身の友達と一緒に、婚活イベントへ行く。

友達と一緒なら、初対面の異性が大勢集まるイベントだって行きやすい!ちょっと前までは「街コン」が流行っていましたね。彼氏彼女を探している独身男女が一度に何百人も集まるなら、いい出会いがみつかるんじゃないかしらって期待しちゃいますよね。

でも、実際は?参加した友人から「誰が街コン参加者かわからなくて、声をかけられなかった」「友達と歩き回るだけで終わってしまった」という残念な経験談を聞きました。レジャー施設や水族館・動物園などの公共施設でも大規模なイベントが開催されていたけれど、今はほとんど見かけない。結局、参加した多くの人が出会えなかったんでしょうねえ。

最近の婚活パーティーは、出会い+アルファのお得感を楽しめるものが増えています。たとえば、美味しいワインを飲みながら一緒にお酒を楽しめる相手と出会いましょう!とか。お料理が得意な女子なら、お料理作れますアピールで男性の心をゲットしちゃおう!などなど。お酒が好き、料理ができる、ゴルフが趣味などの共通ポイントが最初から分かっていたら、相性が合う人と巡り合える可能性が高くなることが想像できます。

ただ、申し込み方法が簡単で安価なイベントやパーティほど、気軽な気持ちで参加する人の割合が多い。交際相手が見つかったらいいなあ程度に考えて参加する人だっているんです。となると、連絡先を交換しても全く連絡がこなかったり、たとえ交際がうまくいっても結婚に至るのはごくわずか。申込みの時に独身であるかどうかが自己申告だけならば、既婚者が紛れ込むことだってあります。本気で結婚したい人には、貴重な時間のロスです。

婚活サービスを使ってみる。

昔だったら、世話好きなおばちゃん仲人が手作業でやっていたこと、今はインターネットの便利さに置き換えられ、PCやスマホがあれば、自分で自宅で相手を選ぶことができるようになりました。結婚相手を探す独身者たちが増え、婚活の間口が広がり、サービスの形も増えました。ネット婚活、結婚相手紹介サービス、結婚相談所などなど、婚活系サービスは様々な種類があります。

独身証明書(市役所や区役所で発行してもらう独身を証明する書類)を必ず提出してもらい、身元確認の書類審査を行っている結婚相談所は、会う前からお互いの正確なプロフィールがわかるので、理想の相手をみつけやすく安心して婚活できるシステムです。友人の紹介やイベントに参加して出会った相手はフィーリングが先、年収や学歴や家族構成などのパーソナルな情報は、根掘り葉掘り聞きづらい話ですね。

あなたの理想の結婚相手って、どんな人?

ちなみに、女性に聞いた「理想の結婚相手の条件」に多いのはこちら。
・年収は600万円以上。
・年齢が同じもしくは近い人。年が離れていても3つまで。年下でもいい。
・自営業はお断り。長男以外の身軽な人。
・学歴は大学卒業以上。
・身長170cm以上。
・芸能人の〇〇に似てるイケメンタイプ。
・地元に住んでいる。
・スポーツしている人。共通した趣味を持ってる人。等々

この条件を全て満たす人は、結婚相談所を利用している男性の中にもいます。多くの女性が望む理想の条件をもった男性ですから、結婚相談所の中でもモテます。複数の女性から会いたい!と言われ、お見合いの申し込みが途絶えることはありません。男性が自分から申し込めばかなりの確率でお見合いできるし、ただ待っているだけでも結婚に至る出会いがみつかります。

結婚は、自分が選ぶのと同時に、相手にも自分を選んでもらうこと。多くの女性が注目するような魅力的な男性に選んでもらいたいなら、彼にとっても、あなたが魅力的な女性にならないとね!理想の条件をもった男性をみつけることができたとしても、彼にとって一番の女性にならないと、結婚はできません。

男性に求めるその条件、あなたの理想の生活に必要なこと?

素敵な人に出会いたいなあって想像しながら、結婚した後の様々なシーンを思い描くでしょう。

たとえば。
「休みの日には、近所のカフェで二人でモーニングしながらゆっくり過ごすの」なら、あなたと彼の休日が同じだといいですよね。あなたが平日に休みがあるような職種だったら、相手の仕事は土日休みにこだわらず、フレキシブルに休みが取れる職種のほうが、イメージしやすいのではないでしょうか。

「子どもが生まれても働き続けて、夫婦で協力しながら子育てしたい」と思うなら、彼は残業の少ない仕事をしていたり、出勤時間を調整できるような自営業なら、保育園の送り迎えだって彼にお任せできるかもしれません。ちなみに、年収が高ければハードな働き方を会社から求められるわけですから、父親として子育てする時間を捻出するのは難しい相手かも。残業が少ない職種は、仕事量が年収に反映している可能性があるとなると・・どっちを優先したいか考えてみて欲しい。

結婚は、何十年と続いていく生活です。
結婚する相手は、一緒に生活をしていく人です。

結婚後の生活シーンを想像してみたら、理想の生活が実現できる、理想の相手が見えてくるんじゃないでしょうか?
あなたの思い描く結婚後の生活に、どうしても必要な条件と、無くてもいい条件を整理してみてください。理想の生活から相手の条件を考えることが、理想の結婚相手を見つける近道です。

「整理するのは難しい」「迷ってしまう」「これでいいんだろうか」なーんて思ったら、婚活のプロを頼りにしてくださいね。あなたの理想の相手を見つけるお手伝いをしますよ!