BLOG

もう何年もたっているのに、ふとした瞬間に思い出すのは元カレのこと。大好きだったカレと別れ、思いを引きずる女性というのは結婚相談所の婚活でも少なくありません。

「誰と会っていても元カレを思い出す」「目の前の男性と元カレを比べてしまう」そんなふうに考えてしまうのは、ありがちなことのようです。

婚活して新しい出会いがあり、交際が始まったとしても、いろいろな場面で元カレと比べてしまう人。いつまでも元カレを思い出して、迷い悩みながら、前に進めない人もいます。女性だけでなく、男性にも多いようです。

元カレのことが忘れられない。でも大丈夫!

「元カレのことを忘れなくちゃと思ってる。でも忘れられない。」それは事実だし、本音だと思います。

何年たっても忘れられないってことは、とてもすてきな大切な経験ができた相手だと思います。自分の人生の中で、それをすべてなかったことにはできませんよね。

友達には「新しい恋をすれば忘れられるって!」「もういい加減、昔のオトコなんて忘れちゃいなよ!」なんて言われるかもしれません。でも、気持ちを引きずっていては、やはり前に進むことはできない。きっと気が付いていますよね。

だったら、楽しかった記憶を無理に忘れようとせず、大切な思い出として心の奥に収めておけばいいと、考え方を転換してみたらどうでしょうか。

元カレを忘れられない人に、気が付いてほしいこと。

楽しかったことは美化されて記憶に残る

忘れられない人がいることは、別に悪いことではありません。ただ、その多くのことは美化されたものとして記憶しています。

たとえば、自分にとっては忘れられない、とても印象的だった家族との思い出を、その家族と語り合ってみてください。相手はすっかり忘れてたり、自分の記憶違いに気が付くこともあります。同じ経験をしたとしても、人によって感じ方が違うからです。

私たちは、過去の出来事を繰り返し思い出すことで、細かなことは忘れてしまい、自分にとって良かった部分だけを大事な思い出として記憶に残します。つらい別れを経験したならば、それに比して良い印象だけがさらに大きくなり、ますます美化され、記憶は塗り替えられていくものです。

思い出の数と時間の長さに勝てるわけがない

元カレと過ごした時間と思い出の数々、一緒にいる時間も短く思い出も数えるほどしかない相手と比べたら、叶うわけがありません。負けてしまうのは当たり前です。

元カレと目の前の相手を比べ、最初から同じ土俵で比べたら、過去よりも現在のほうが圧倒的に不利です。出会ってすぐに、元カレ以上と確信できる相手が見つかることは、まずありません。同じくらい長い時間と楽しい経験を共有しないと、スタート地点にも立てないのです。

さまざまな経験が成長のきっかけになる

別れから時がたてば、元カレだって当時のままで何も変わらずにいるわけではありません。お互いに外面の印象も内面も変わってるかもしれません。つらい大きな経験をしてきた分は、内面を成長させるきっかけにもなっていると思います。

どんな経験でも重ねていけば、心の中で変化するものがあります。だからきっと、あのころとは違う女性に成長しているのだ考えてみませんか。今の自分が当時と違うなら、合う男性も変わっているはずです。

元カレを忘れられない人にありがちな、婚活の落とし穴

元カレのことは、無理に忘れようとしなくても大丈夫と言いましたが、元カレ以上の相手をみつけよう!という気持ちで婚活する人もいます。そうすると自分を客観視できなくなって、自己中心的な婚活に陥ってしまいます。そんな婚活の落とし穴に、はまりこんでいませんか?

元カレを基準にして男性に求める条件を上げ、結婚を目指すことは、自分の気持ちを納得させるために結婚相手を利用することです。そんな自分勝手な希望を叶えてくれる人はいません。思い出の元カレと目の前の人を「あの人だったら●●だった」「あの人だったら○○してくれたはず」などと比較ばかりしていたら、言葉にしなくても、それは今の相手に対してとても失礼なことです。

結婚は、二人で向き合いながら決めていくことです。その二人の間に、もう一人、過去の存在が加わるとややこしくなります。大事なことを見失ってベストな決断ができなくなる。それでせっかくの人生のチャンスを逃したら、本当にもったいないことです。

「あ、そうだったかも…」となんとなく気が付いたら、これをきっかけに落とし穴から抜け出してほしいと思います。

未来の私はどうなっていたいか、本気で考えよう

数年後にはどんな人生でありたいですか?ぜひ具体的に考えてみてください。

やはり「結婚して幸せに暮らしている私」を想像し、本気で実現したいと思うなら、今の自分に合う男性と出会っていきましょう。もちろん、相手を選ぶ基準は、元カレではありません。過去にとらわれて、あなたを本当に大切にしてくれる相手を見失わないように。

まだ今は実感できないかもしれませんが、楽しかったこともつらかったことも、記憶は少しずつ薄れていきます。楽しい出来事をたくさん経験していけば、過去の記憶が上書きされるのも早くなります。

思い悩むにもエネルギーがいりますよね。そのエネルギーは、大切な思い出として心の中に収めるための努力に使ってみてください。

あなたを理解して一番大切にしてくれる人と幸せになる道を、自分自身のために選んでほしいと思います。

一緒に気持ちを整理しましょう
婚活をして初めて自分の本音に気が付く人もいます。忘れなくても大丈夫なんだと納得しても、気持ちを整理するのに時間がかかる人もいます。すっきりとした気持ちで結婚へ向かえるよう、素直な気持ちを全部応援します!