BLOG

相談所で直接話を聞いてみたい!と思ってくださるみなさんは、いろいろな質問を持ってきてくださいます。先日お会いした女性からの質問は、お見合いした後のことについてでした。

ファーストコールって何?

お見合いの後、お見合い相手と最初に電話で連絡しあうことを『ファーストコール』って呼んでいます。

お見合いした二人が、お互いに「もう一度会いたい!」と希望したら、仲人を介して携帯電話の番号を交換します。そして、男性から女性に最初の電話をしてもらうのが、どこの結婚相談所でも同じお約束になっていますよ。

電話で話すのが苦手です・・・

お見合いの後のお付き合いについて「電話で話すのは苦手。友達ともメールでしか連絡しないのに、お見合い相手に最初に連絡する時って、電話じゃないとダメなんですか?メールでもいいですか?」という質問をいただきました。

親しい友達に連絡する時、メールやLINEを使う人が圧倒的に多いですから、電話で話すこと慣れていなくて、電話が苦手になるのもわかります。職場にかかってきた電話をとるのが嫌で、会社を辞めたという話も耳にすることもあるくらいですしね。

最初はやはり、電話で話すことをおすすめします。そのあとの連絡は二人で決めたツール(メールやLINEなど)を使ってもらえばいいんですよ。最初の電話で、電話以外の連絡方法を二人で相談して決めておくと、次の再会までの連絡もスムーズに進みます。

ファーストコールで婚活がうまくいく!

電話が苦手な人!ファーストコール2つの失敗談

38歳男性の失敗エピソード
お見合いでは意気投合!彼は彼女の番号にメッセージを送ってお礼を伝え、メールだけで「次はいつ会えますか」と、次のデートを約束しようとしました。彼から届く言葉はそっけない文章のみ。電話で話すことを楽しみに彼からの連絡を待っていた彼女はがっかり!期待していた彼女の気持ちが一気にダウンしてしまいました。

メールだけで乗り切ろうとした男性

男性が自分の苦手意識を優先して、彼女の気持ちを逃してしまった残念な例です。男性のメールにありがちなのは、事務的な文章だけで終わってしまうことです。特に、ショートメッセージで文字数が制限されている場合、用件のみで感情が全く伝わりません。

男性と女性の交際期間は、感情のやり取りで相手への気持ちを深めていきます。事務的な連絡メールをもらってうれしいですか?気持ちが高まることなんてありえませんよね。

31歳女性の失敗エピソード
居留守を使って男性からの電話をスルーした彼女、「電話に出られなくてごめんなさい!」とショートメッセージでおわびの言葉を返信するついでにメールアドレスを彼に伝えました。今なら電話に出られるのかな?と彼は再度電話してみたものの、彼女が電話に出ることはなく、やはりメールでしか返事がこない。電話とメールのすれ違いが、二人の気持ちを引き離してしまいました。

居留守で電話をかたくなに拒否した女性

どうしても電話に出られないタイミングもありますよね。でも、明らかに居留守を使っていたり、何度電話しても出ないとなると、電話を避けていることがわかってしまいます。

「あれ、おかしいな?」と思った段階で、気持ちに距離ができてしまいます。となると、電話した側の相手への気持ちが冷めてしまうのは当然ですよね。

電話が苦手。克服したいポイント4つ

電話をかけるタイミングがわからない

最初に電話するときは、女性が電話に出られる時間(何曜日の何時以降など)を仲人が確認し、男性に伝えて電話してもらっています。電話をかける・受けるタイミングはセッティング済み。電話するタイミングで迷ったり悩んだりすることはありません。

何を話していいのかわからない

まずはお見合いのお礼と次に会う約束、今後の連絡方法の3つは話しましょう。まずはこれだけでもOKですし、お見合いで話した話題などもありますよね。最初の電話は短時間、ありがとうの気持ちを伝える・伝わる電話にすることが大事!
⇒参考ブログ「相談所の交際がうまくいくために!ファーストコールのマナーとポイント」

会話の間が読めない

緊張して言葉に詰まったり、相手の声にかぶせちゃったりして気まずくなってしまうのでは?と心配する人もいますが、そんな時は自己開示テクニック!「電話で話すのは得意じゃないから、なんか緊張しちゃってて。」とか、「あ、ごめんなさい!直接会って話したいですね。」など、気まずくなった時は、フォローしながら気持ちを近づける言葉もありますよ。

電話を切るタイミングがわからない

最後はもう一度、お見合いしてくれたこと、再会を希望してくれたことの両方に対して、ありがとうの気持ちを伝えましょう。会話の中でも、最後に電話を切るときでもいいのですが、「もう一度会えて嬉しい」という気持ちも相手に伝わるといいですね。

便利なツールの落とし穴

次に会う約束までの間は、メールやLINEなどのコミュニケーションツールを駆使して、交際を深めていくのがお付き合いのスタンダードですが、返信のスピードやタイミングだけでダメになってしまうカップルのケースもあります。

返事が遅いと「他の人と交際してる?」「私に気持ちがないのかな?」と相手の気持ちを疑ってしまったり。逆に返事が早すぎると「返事を返すのがしんどい」「重たく感じてしまう」ことも。

遅いと感じるのか、それとも早いと感じるのかは、人によって感覚が違います。自分の気持ちに100%フィットした言葉が返ってきたり、100%のタイミングで返事がくることは偶然か、ほぼ奇跡だと思っておいてください。

また、メールの文面や絵文字の使い方ひとつで、勝手に気持ちを下げてしまうことってありませんか?メールやLINEのやりとりだけで、本当の相性は測れませんよ。

お見合い後の交際がうまくいくためのコツ!

結婚相手とは、生活そのものを共有する新しい家族です。家族は、顔を合わせて直接会話するコミュニケーションが中心ですので、お見合いで出会った二人が相性を見極めて、気持ちの距離を縮めるには、直接会う・話すことが一番の近道です。

恋愛心理学では、交際がうまくいくカップルたちは頻繁にデートをしているというデータがあるそうですよ。お見合いした後は、できるだけ早い時期に再会し、会う&話す機会をこまめに作ることが、うまくいくコツです。

まずは最初の電話を頑張ってみて!そのあとはコミュニケーションツールをうまく使いながら、二人の心の距離を縮めてみてくださいね。