BLOG

友だちとは違い、お見合い相手とのLINEのやりとりで気を遣ってしまう人はいませんか?

返信するタイミング、文章の長さ、スタンプの使い方…交際がうまくいくためのLINE、何をどうすれば正解なのかと悩んでいる人が多いと思います。

相性がよくないと思われてしまうLINE

文字やスタンプだけで相手の気持ちを読み取ったり、自分の気持ちを相手に伝えるのって、簡単ではありません。LINEのやり取りの雰囲気から、相手との相性が合うか合わないかを判断する人もいます。

では、交際している相手と「相性が合わないかも」と感じるのは、どんなLINEがきっかけになるでしょうか。

スタンプばかり使う

文字のメッセージに対してスタンプだけで返信したり、意味のないスタンプを連続して送る。文字よりもスタンプを使う頻度が多い。

相手はこう思ってしまう!
「私と付き合うのがめんどくさいのかな」「他に相手がいるのかも」

話がかみ合わない

質問の内容と答えが合っていない。聞いている質問にこたえることなくスルーしてしまう。送信した内容をちゃんと読んでいないのがわかるような文脈。

相手はこう思ってしまう!
「会話しづらい」「コミュニケ―ションしにくい」

答えにくい質問

質問の内容が難しく、時間をかけて返事を考えないと答えにくい時。短文で簡単な言葉だけでは返信できないような質問。

相手はこう思ってしまう!
「気難しい人」「付き合いにくい」「返事するのがめんどくさい」

返事のタイミングが早い&遅い

すぐに返事が来て、会話のテンポが速い。遅い場合は、一晩経っても返事が来ない。数日後に返事が来る。既読になっているのに返事をしてくれない。

相手はこう思ってしまう!
「(返事が遅いと)その気がない」すぐに返信するのも待っているのも「疲れる」

空気が読めない

そろそろ切り上げたいと思っていながら返信が終わらない。くだらないメッセージがだらだらと続く。質問攻めになる。

相手はこう思ってしまう!
「空気を読んでほしい」「うっとおしい」「ブロックしたくなる」

真剣な話・重たい話題

直接言いずらい話や、相手への本音。仲人や相談所の愚痴。直接言ってほしい告白やプロポーズなど、2人にとって大切な話。

相手はこう思ってしまう!
「直接言ってほしい」「重たい人」「大事なことを軽く考えすぎ」

日記や恒例のあいさつ

毎日の出来事を報告するブログのような内容。「おはよう」「ただいま」「行ってきます」「おやすみなさい」など、行動が読めてしまうあいさつ。

相手はこう思ってしまう!
「行動を管理されてるみたいで嫌」「どう返事をすればいいのか困ってしまう」

交際でLINEを使うときに気を付けたいこと

LINEの返信頻度、探るのではなく聞き出そう

返信のタイミングを気にする人が多いようです。返信までのスピードが速いと感じるのか、遅いと思うのか、その基準は自分の感覚です。相手の返信が早すぎてついていけないとか、逆に遅すぎてイライラするなど、よくあることですね。

スピード感には個人差がありますので、自分と相手が違うのは、実は当然のことなんです。

LINEでやりとりする中で相手のスピード感を読み取りながら、相手に合わせようと努力する人もいます。でも、いつもの自分と違いすぎる相手のスピード感に合わせると、無理をしてしまいがち。LINEを使うのがストレスになってしまうことも。

お見合いの後のファーストコールで連絡方法を相談して決めておくことをアドバイスしていますが、その時に返信の頻度などもお互いに共有しておけるといいのですね。

探り出すのではなく、聞き出してみてくださいね。直接聞いて、相手の気持ちを理解することが、相手を大切にする姿勢。その心遣いは相手に伝わりますよ!

コミュニケーションを楽しむためのツールと心得る

文字やスタンプだけで、繊細な言葉のニュアンスを伝えあったり読み取ったりするのは難しいものです。言葉の選び方や文脈の違い、相手の受け止め方で、言葉の意味が誤解されたり、本意が伝わらないこともあります。

質問するのは相手に興味がある証拠だと考え、次に会うまでの時間をつなごうと、LINEで質問ばかりしてくる人もいますが、質問が尋問になってしまっていませんか?気軽に使えるツールですので話題も気軽なものにとどめておきましょう。

大事な話は、直接会って伝えるべき!

交際中の二人にとって大事なことを話したいと思ったら、勇気が必要ですよね。直接話しにくいからと、自分では勇気を出したつもりでLINEしたとしても、対面で話すことを逃げてるだけだと相手に思われても仕方がありません。

相手との関係性を深めるのは、直接会って言葉を交わすことが一番の近道です。LINEは簡単な会話を楽しむためのツールです。会って話す2人の時間を優先してください。

LINEで2人の相性を判断しない

自分にとってベストなタイミングで相手からの返事が来たら、その相手と交際している満足感が高まりますよね。「うれしい!私のことを理解してくれる人だ!」と、ワクワクした気持ちになり、相手への心の熱量が高まるかもしれません。

でも、これは単なる偶然です。自分の希望通りのタイミングで、願った通りの言葉やニュアンスで、理想的な返事が来ることはほぼありません。

LINEの文章やスタンプの使い方や、返事の速さで相手との相性を探り、それだけで気持ちが冷めてしまう人もいます。LINEのやりとりだけで相性はわかりません。

会って話す時間を優先しよう!

コミュニケ―ションツールとして誰もが当たり前に使っているLINEですが、LINEで得られる情報は、基本的には文字とスタンプだけですよね。その行間を探って相手の気持ちを深読みしていると、思い違いをしている人が多いです。

結婚相手になる人は、これからずっとそばにいる人、一緒に生活する人です。結婚したら、LINEやメールよりも顔を見て話します。会って話す頻度を増やすことは、結婚生活のシュミレーションすること。そして、2人の心の距離を近づけるのも、相性を見極めるにも必要な時間です。

相手との相性を探り、将来を考える時、大事なのはリアルなコミュニケーションです!スマホ上の文字や数字、自分本位の感覚はあてになりません。LINE頼みの婚活に陥っている人、気が付いてね。大事な縁を逃してしまいますよ、要注意です!

交際中で一番多い連絡方法とは?
交際カップルの連絡方法で一番多く使われているのがLINEですが、相手への連絡にプレッシャーを感じたり、ストレスが増えて交際が楽しくなくなるのは残念ですね。LINEを使っていない人もいますし、メールと電話で連絡を取り合って順調なカップルもいます。連絡方法はLINEこだわらずに考えてみてもいいと思いますよ!

電話が苦手な人の必読ブログ
『お見合いの後のファーストコール、電話じゃなくてメールでもいいですか?』