BLOG

出会いの始まりは、初対面の異性と話をすることですね。初めて会って話をして、会話が弾んで楽しかったら「もう一度会いたい」という気持ちになります。会話が盛り上がらなかったり、話していて疲れちゃう相手だと思えば、また会いたいとは思ってもらえません。

向かい合わせに座ってからが本番で、それから会話が始まると思っていたら大間違いです!会った瞬間から、言葉のコミュニケ―ションは始まっています。相手と顔を合わせたら、あいさつしますよね。その時、あなたはどんな言葉でどんなあいさつをしていますか?

相手の心をググっと引き寄せるあいさつのコツをご紹介します。ぜひ次の出会いから、「モテるあいさつ」に変えてみてくださいね!

最初に声をかけるのはどちらから?

お見合いの場合、待ち合わせの場所では、男性から声をかけるというのが基本になっています。仲人同士が「男性から声をかけてくださいね」と、事前の打ち合わせで確認しています。

男性の本音、実はこんなことを考えています!

待ち合わせの時、男性は自分から女性に声をかけることを承知していますが、その時に気を配っていることは何だと思いますか?それは「相手を間違えない!」ということです。

「写真があるのに、なぜわからないの?」と思うかもしれませんが、女性は髪形やメイクやお洋服ひとつが変わるだけで、見た目が変わります。たとえば、髪を結んでいるのとおろしているのだけでも、男性から見たら大違いです。

待ち合わせ場所に、同じように誰かを待っている女性がいる場合は、なおさらわかりにくい。一人ひとりを観察して、会うべき相手を探します。たまに女性がスマホに目を落としてうつむいていたりすると、顔がわからなくて本当に困ります。

モテる女性はやっている!
女性は、男性から声をかけてもらうのを待っているのではなく、男性に気が付いたら自分から歩み寄って声をかけてみて!気を遣って緊張気味の男性の心が、一瞬で緩みます。自分に向かって笑顔で近づいてくる女性がいたら、男性にはとてもかわいらしく見えてしまうの。相手の心を引き寄せるには、まず自分から近づくことですよ!

あいさつでモテ度が変わる!

会った瞬間から始まる言葉のコミュニケ―ション。たった数秒のあいさつで、初対面同士で心の距離を近づけることもあれば、遠ざけてしまうこともあります。

心を遠ざけてしまうあいさつ

会話が苦手な人や、緊張している人がやりがちなあいさつはこちら。
「どうも、〇〇です。今日はよろしくお願いします。」
「あ、●●です。こちらこそよろしくお願いします。」

あらら、たった2秒で完結してしまいましたね。自然なあいさつに思うかもしれませんが「よろしくお願いします」は、仕事や時候のあいさつの締めくくりに使うことが多い言葉です。最初から堅苦しい印象になり、どんな話題から始めるのか、この後の会話の立ち上げにはちょっとしたエネルギーがいりますよ。

上司と部下?!
年上の男性とお見合いした女性が、このあいさつを実際に経験したのですが…そのあとの会話も「上司と部下にしか思えなかった」と再会は辞退しました。せっかくの出会いのチャンスが?!あいさつひとつで・・・残念ですね。

心の距離を近づけるあいさつ

もし、相手が堅苦しいあいさつから始めたとしても、あなたがその場の雰囲気をがらっと切り替えることは可能です。ぜひ相手の心の引き寄せるポイントを知っておきましょう。

基本のあいさつはこの4段階です。
(1)冒頭のあいさつ(おはようございます・こんにちは・こんばんは)
(2)相手の名前を呼び、自分の名前を名乗る
(3)感謝の言葉を丁寧に伝える
(4)共通の話題で話す

こちらの例文のように使います。

「おはようございます。あの、〇〇さんですか?」
「はい、そうです。はじめまして、〇〇です。」
「はじめまして、●●です。」
「あ、●●さん。おはようございます。」
⇒冒頭のあいさつ&名前を呼ぶ・名乗る

「今日は時間を作ってくださってありがとうございます。」
「いえいえ、こちらこそありがとうございます。」
⇒感謝の言葉を伝える

「今日は暑くなりましたね。」
「ほんとですね。ジャケット、暑かったら脱いでくださいね。構いませんから。」
「じゃあ、お言葉に甘えて笑、失礼しますね。」
「朝からこんなに暑いと、汗かいちゃいますよね。」など
⇒共通の話題で話す

このように組み合わせれば、もうこれだけで言葉のコミュニケーションがスタートしています。そのあとも、どんな気軽な話題でも話しやすくなり、お互いにリラックスして会話が弾みやすくなりますよ!

モテるあいさつ3つのポイント

優しさと細やかな気遣いが伝わる

相手は「休日の時間をさいてわざわざ会いに来てくれた人」だと考えたら、「本当にありがとうございます」という気持ちになりますよね。この例文ではジャケットの着用に対して気遣う言葉も入れてみました。相手の気持ちを思い遣り、それを言葉で伝えることや、こちらから促してあげることが相手への気遣いであり優しさです。

親しみが湧いてくる

名字だけでも「●●さん」と呼んでもらえると親近感が違ってきますよね。相手に自分が受け入れてもらっているという安心感にもなっていきます。名前でなく「あなたは」「君は」と呼ばれると、上から目線のような印象にもなるのでは?(ちなみにお見合いでは相手に教えるのは名字のみ、下の名前は次の再会が決まったときに伝え合います)

共感が高まる

共通の話題で一番簡単なのは、今日の天気です。「今日は暑い(寒い)ですね」「雨がやんでよかったですね」など、相手も同じように感じていることを言葉で共有すれば、共感がうまれます。まずは身近で簡単な、共通の話題から始めることを心がけましょう。

いつも笑顔で!

やっぱりこれも大切なポイント。どんな瞬間も忘れないでくださいね(^^)/

自信をもって笑顔で会うために

初対面の異性と会うときはやっぱり緊張してしまうかも。でも、どんな時でも笑顔でいたいですね。自分に自信をもって笑顔で相手に会うために、この2つもやってみてくださいね。

自分の声を聞いて自信を高めよう

緊張していると声が出にくくなって、あいさつが小さな声になってしてしまうことも。声が聞こえないと「話しにくい」と相手は感じ取ってしまいます。

あいさつは、会話のウォーミングアップです。待ち合わせ場所によって、静かなところもあればにぎやかなところもありますが、相手に聞こえる大きさの声で、はきはきとしゃべる。そして、できるだけはっきりとした張りのある声を自分の耳で聞く。自分の声で自分を励ましてあげると、自信が出てきますよ。

新しい自分をプラスする

新鮮でステキな自分になって、相手に会いに行くことを心がけてみてください。たとえば、新しい口紅を買ってみたり、明るい色のアイシャドウをつけてみたり。気分が上がる、お気に入りのアクセサリーをつけるとか。

いつもの自分とは違って、ちょこっとかわいらしくきれいな自分になると、イキイキとした気持ちになって表情も明るくなります。会う相手にもその様子が伝わって、ますます魅力的な女性になれますよ。

こちらのブログもどうぞ
いつも幸せそうな明るい笑顔の女性、お見合いするたびに男性からの交際希望ほぼ100%です。「この女性といたら一緒に幸せになれるだろうな」「明るい家庭になるだろうな」ってイメージできちゃうからなんです。【婚活がうまくいく人&いかない人は顔をみればわかる!】ブログも書いています。ぜひご覧ください。