恋愛婚活の悩み、誰に話していますか?親しい相談相手に気をつけて!

愛のあるダメ出しがあなたをもっとダメにする理由を書いたブログ

恋愛や婚活の悩みを相談できる人はいますか?
いるとしたら、その人はどんな人ですか?

恋愛や婚活の悩みを相談できる相手は、あなた自身のことをよく理解してくれている、とても信頼できる人だと思います。家族や友人?会社の同僚や先輩たちでしょうか?

しかし、信頼して何でも相談している人からのアドバイスが、すべてあなたのためになるとは限りません。愛あるダメ出しが、あなたをもっとダメにしてしまうこともあります。このブログで詳しく解説しますね。

愛のあるダメ出しとは?

愛あるダメ出しをするひとたち
愛あるダメ出しの正体とは!?

ダメ出しとは、悩んでいる人の考え方や行動、態度を見て、本人が気がついていない部分や良くないと思われる部分を指摘して、自覚させて改善するように促すこと。

愛のあるダメ出しは、その人が幸せになることを願いつつ、ダメなことはダメとはっきりと否定するアドバイスです。

ダメ出しをしている側は、本気で心配するからこそ「◯◯ちゃんはそれだからダメなのよ」「それじゃあ、幸せになれないよ!」「もっとこうしたほうがいいって!」と、とても力強く言ってくれると思います。

アドバイスをしてもらう側からすれば、愛のあるダメ出しは【他の誰も言ってくれないような、”私が幸せになるための貴重なアドバイス”】だと思って、その言葉を大切にしようとするでしょう。

しかし、あなたを否定するばかりのダメ出しでは、あなたのためにはなりません。

愛のあるダメ出しが、あなたをダメにする理由

ダメ出しされて悩む女性
でも…ダメ出しなんて本当は聞きたくない

愛のあるダメ出しが、ますますあなたをダメにしてしまう理由は4つあります。

心をもっと傷つけてしまうから

いくら自分のために言ってくれているとはいえ、自分がんばってきたことを否定されると、心にグサッときませんか?

恋愛や婚活をがんばってもうまくいかず、心が折れたり傷ついたりしているときに、ダメ出しの言葉でさらに自分を傷つけてしまっては、もっとつらくなってしまいます。

それでもその否定を受け入れて前向きに頑張ろうとすると、とてもエネルギーが入りますし、気持ちをますます消耗してしまいます。

素直になれなくなるから

ダメ出しされながら、「言う通りだと思う。でも…」と、心の中で反発している自分に気がついたことはありませんか?いくらもっともなことを言われたとしても、自分が頑張ってやってきたことを人から否定されるのは嫌なことですね。

ダメ出しを認めて受け入れるためには、嫌だと思う気持ちを心の奥に閉じ込めて、我慢しなくてはいけません。自分の気持ちに素直になることが、いけないことのように思えてしまいます。

自信を失ってしまうから

自分を否定される言葉を繰り返し聞いていると、自己肯定感や自尊心が傷つきます。すると、自分に自信が持てなくなるのです。

せっかく素敵な人に巡り会えたとしても、「私じゃダメかも」「また失敗しちゃうかも」と悪いほうを想像しがちになります。恋愛&婚活が、ますますうまくいかないスパイラルから抜け出せなくなってしまいますよ。

相手の条件が厳しくなるから

人からダメ出しされ続けていると、自分から他人に対してもダメ出しすることに、慣れてしまいます。

異性のちょっとした失敗や、自分の気持ちに沿わない行動に気がついたとき、「もっとこうしてくれたら嬉しいのに!」「そこはそうじゃないでしょ!」など、厳しくダメ出しをしている人はいませんか?

ちょっとしたことでも、ジャッジしてしまう。これでは異性に対する条件が、ますます厳しくなるばかりです。

愛のあるダメ出しをしがちな人は誰?

相談したらダメ出しするタイプの人とは
親しい間柄ほどダメ出ししやすい

実は親しい間柄ほど、気軽に言いやすいしダメ出ししやすいと思いますが、いかがでしょうか?

親しみを感じて大切に思うからこそ、あなたの幸せを強く願い、伝える側も強いダメ出しになりがちです。あなたが普段から、恋愛や婚活の悩みを相談してるのは、どんな人でしょうか。

母親や兄弟姉妹

友達のように仲が良くて「お母さんには何でも話す!」そんな娘さんはとても親孝行で、素敵な親子関係ですね。

子供の幸せをもっとも願うのは、やはり親です。子供が結婚したら「お金や嫁姑で苦労させたくない」「子育てを手伝ってあげたい」など、子供が幸せになるために必要だと思うことを、親の立場で考えています。

親の目線で、子供のためにならないと思える相手や条件だった場合、親が心配してダメ出ししたくなる気持ち、わかりますよね。

兄弟姉妹がダメ出しをした実際のケース

また最近は、毒親という言葉を目にすることもありますが、兄弟姉妹がそういった存在になることもあります。

これから結婚しようとする独身の兄弟姉妹の恋愛や婚活に、家族が口をはさんできた相談事例がありました。すでに定着している自分の生活スタイルが、兄弟の結婚で不都合に影響されてしまうことを懸念するからです。

例:独身だった弟が独立して実家を出ると、親だけが取り残されて心細くなる。その結果、親から「実家に帰って一緒に住まないか」と言われてしまう既婚の長男が、弟の結婚相手が長女であることにダメ出しをしたケース
例:姉が結婚して遠くに引っ越したら自分の子供を預けられず、子育てを頼る人が無くなって困ってしまう既婚の妹が、「もっと近くに住んでいる人とお見合いしたほうがいいよ」と、姉の婚活条件にダメ出しをしたケース

家族を大切にする気持ちの強い人や、親孝行な人ほど、自分が望む結婚相手であっても、家族たちが望まない選択肢を選ぶことが、悪いことだと思ってしまう。

その結果、結婚相手の可能性を狭くしてしまい、決まりそうな縁談を辞退したり、いつまでも相手を見つけられない状況が続いてしまいます。

婚活仲間たち

同じ悩みを持った独身の友人は、自分の気持ちをわかってくれるし、本音で話しやすい相談相手の一人かもしれません。婚活の情報を交換しあったり、「一緒に婚活をがんばろう!」と励ましあっている仲間たちもいると思います。

お互いに前向きに相談しあいながら、結果として全員が結婚できればいいのですが、なかなかその通りにはいきません。もし、仲間達との会話が、婚活で出会った男性達へのダメ出しや、婚活のグチを発散することが多くなってきたら要注意です。

同じように婚活がうまくいっていない仲間達の様子に安心して「私だけじゃないから、まだ大丈夫!」と思ってしまうかも。そうすると、今の状態から抜け出せなくなります。

既婚の友人や職場の先輩

「「○○したから成功した」「○○すると失敗する」など、経験を元にしたアドバイスには説得力がありますね。友人や知人がモチベーションを上げてくれる存在になり、良いお手本になっていることがあると思います。

しかし、あなたが向き合っている異性のタイプはまったく同じではないし、あなた自身の価値観や考え方や行動の傾向などの状況によって、成功パターンは微妙に変わります。

例:「こんな素敵な●●ちゃんだもの。理想の結婚相手に出会えるって!そんな男じゃもったいない!」とダメ出しされ続け、「そうだ!みんな理想の男性に出会ってる。私もきっと出会えるんだ!」と、理想の男性を追い求めて5年が経ってしまった女性

他人の経験談すべてが、そのままあなたに当てはまるとは限りません。あなたの場合はどんなアドバイスが適切なのか、ひとりひとり違うはずです。その違いに気がつかないままでは、うまくいく自分の成功パターンをみつけるまで、遠回りすることになります。

愛のあるダメ出しは、人と言葉を選ぼう

愛あるダメ出し活かして幸せになろう
あなたの役に立つことだけを選べばいい

「自分のダメな部分を教えてくれる人は、本当にありがたい存在だ!」と、積極的にアドバイスの言葉に耳を傾け、実際に行動できる人は本当に素晴らしい人です。

でも、心に留めておいてください、

あなたが相談した相手は、あなたに幸せになって欲しいと強く思えば思うほど、伝えたい気持ちがヒートアップするでしょう。もしそれが強すぎるダメ出しになってしまったら、あなたの心を傷つけてしまうかもしれません。

あなたがもっと落ち込んだり、心が傷ついてしまうとしたら、いくら信頼できる相手からの言葉であったとしても、その言葉は聞き流したほうがいい。恋愛でうまくいかずに傷ついている心を、さらに傷つけてまで頑張らなくてもいいのです。

否定と肯定は、裏と表です。同じ意味合いを伝えるにしても、否定ではなく肯定した表現で言い換えて伝えることもできるはずです。

あなたの幸せに近づくアドバイスを選んでほしい

あなたの幸せを願うアドバイス、今だから必要なこともあれば、今は必要じゃないこともあります。たくさんあるアドバイスの中から、本当に適切なものを、あなた自身が取捨選択することも必要です。

婚活って、迷ったり悩んだりすることが多いと思います。あなたの心が励まされ、今のあなたにとって本当に必要なことを、肯定した言葉で伝えてくれる相談相手を選んでください。

ブライズデザインは、婚活を頑張っている皆さんを応援します。あなたの婚活をブライズデザインがお手伝いできたら嬉しいです。

頑張ってるあなたを応援!
恋愛&婚活を頑張るのは、あなた自身が幸せになるためです。悩んでいる今を懐かしく思える日が、いつか来ます!きっと!!


【2021年最新】名古屋でおすすめの結婚相談所を3タイプで厳選比較!