実家暮らしは婚活で嫌われる?婚活が不利になる理由と、それでもうまくいく方法。

”独身で実家暮らし”と聞くとどんなイメージが浮かぶでしょうか。実家暮らしは婚活に不利だと聞いたことがあるかもしれません。

出会った相手が実家で暮らしているのか。それとも一人暮らしなのか。今は実家暮らしでも一人暮らしの経験をしたことがあるのかなどを、気にする人もいます。

今回のブログでは、実家暮らしは本当に婚活に不利なのかどうか、もし、実家暮らしだったとしても婚活がうまくいく方法などをまとめました。

「自分が実家暮らしで不利にならないか心配」「相手が一人暮らしの経験がないので大丈夫なのか考えてしまう」という人には、特に参考になると思います。ぜひ最後までご覧くださいね。

実際に実家暮らしをしている人はどれくらいいるの?

独身で実家暮らしの人、どれくらいいると思いますか?

平成27年の国勢調査によると、20〜40代独身男女の一人暮らしの割合は、男性で平均31%、女性で平均27%という結果だったそうです。

となると、およそ6割以上の独身男女が実家で家族と同居しているようで、その数は年々増え続けているとも言われています。

実家暮らしの独身男女が増えている理由

独身で実家暮らしの人達が増えている背景にはいろいろな理由がありますが、主な3つを上げてみました。

経済的な理由

同じ会社で働き続けたとしても、給与がなかなか上がらない…働く環境はますます厳しくなっているようですね。

少ない収入でも、親と同居して家族と協力しあいながらお互いの衣食住を維持することができたら、気持ちも経済的にも楽ですし何よりも安心です。

また、家を出て一人で暮らすには、今の収入では頼りなく十分な貯金もないため、自立したくてもできない場合もあります。

晩婚化の影響

すいぶん昔は「家を出て独立したら一人前」「就職したら家を出るのが当たり前」と言われる時代もありましたが、今はそのような風潮も無くなりましたね。

晩婚化が進み、家を出て一人で暮らす理由がないので、そのまま実家で暮らし続けている人も少なくありません。

世帯あたりの子供の減少

一世帯あたりの子供の数が減り、親子の干渉が深くなっているのも理由のひとつです。

子供が成長して大人になっても仲が良く、友達のような関係の親子が増えている気がします。

実家暮らしの居心地の良さは子供だけでないようです。頼りになる若い世代が同居している環境は、特に親が高齢であればあるほど、悪いことではなくなるでしょう。

増える理由
増える理由

実家で暮らす独身男女が増えている背景には、いろいろな要因が含まれています。ますます増えていくだろうと想像できるのも、わかる気がしますね。

実家暮らしが婚活で不利になる理由とは

実家暮らしの独身男女が多数派なのに、なぜ婚活には不利と言われてしまうのでしょうか。

実家暮らしのデメリット

すでに自立して一人暮らしをしている人からすると、独身で実家暮らしの人は「親に甘えているのでは」「生活力がなさそう」「自立できていない」と見られがち。

もし、そのような相手と結婚すると仮定したら「生活にいくらかかるのかわかってなさそうだから金銭感覚がずれているかも」「自分より両親を大事にしそう」というような心配や不安も沸いてくるようです。

家事の経験が少なく生活力が身につかない

実家で暮らし続けていると、子供時代と変わらずに、親が家事全般を担ってくれるような生活になるでしょう。

そのため家事をやる必要がなく、自分から積極的に掃除・洗濯・料理を経験しようとしなければ、やり方がわからないままになってしまいます。

一人暮らしと実家暮らしでは、やはり経験できる量が違います。生活力が身につかないのも、ある意味では仕方がない日常生活。「実家暮らしでは家事ができないだろう」という周りからの想像は、ほぼ当たってしまうでしょう。

自立できず親に甘えがち

家事だけでなくお金のことも、親が面倒を見てくれるような機会が自然と多くなりがちです。

そのため、経済的に自立しなくてもよくなり、親に甘えたまま30代40代になってしまう人もいます。

子どもの頃と変わらない家族と、変わらない生活を送っていれば、いくつになっても家族の関係が大きく変わることはまずありません。

実生活で必要なことはもちろん、心理的な面でも子は親に依存しがちです。そんな毎日を続けていても特別な問題を感じることがなければ、親から自立するタイミングを見失ってしまいます。

親が干渉してくる

いくつになっても、親からすれば子供は子供。前述のように、同じ屋根の下で親子の関係が変わらない生活を続けていると、どこに行くにも、何にお金を使うにも、子供の行動は親にわかってしまいます。

親としては今まで通りの暮らし方で、子供に干渉するつもりがなかったとしても、周りから見れば干渉していると思われてしまいます

婚活しづらくなる

実家暮らしは、限られた空間での家族との共同生活です。

家族の生活時間に気を遣うために、自分の時間や行動が制限されてしまうこともあるでしょう。

婚活でも同じです。電話したい時間に電話で話ができなかったり、休日にお見合いやデートに出かけづらくなったり、デート用に新しい服を買っても洗濯に出しにくいなど、家族に気を遣っているようです。

自由な一人暮らしとは違い、親の目が気になって婚活しづらいという人もいます。家族にばれないように婚活してい人なら、なおさら気を遣ってしまうでしょう。

家族と離れた生活が想像できない

家族と一緒に暮らしていた時間が長いと、家族と離れて暮らすことは、なかなか想像できません。

家族から離れた新しい生活をイメージできないと、相手や自分の気持ちにも確信がもてずに、ますます結婚を決められない状態に陥ってしまうこともあります。

家族と離れて暮らす生活をイメージできるかどうかは、家族から精神的に自立できるかどうかにもつながっています。

実家の居心地がいい人ほど、結婚という大きな決断をして、居心地の良い世界から外に出て行くハードルはなかなか高いもの。実家の居心地の良さが、婚活がうまくいかない原因になってしまうこともあるようです。

こんな厳しい声も…
こんな厳しい声も…
一人暮らしの経験が無く、実家暮らしが長い男性に、女性たちはこんなことを心配してしまうようです。”マザコン・家事ができない怠け者・親のスネかじり”など…なかなか手厳しいですね。

実家暮らしのメリット

理由はなんであれ、多くの人達が実家暮らしを選んでいるのは、メリットもあるからです。どんなメリットがあるのかみてみましょう。

金銭面の負担が減って貯蓄できる

ある程度のお金を生活費として実家に入れている人も多いとはいえ、一人暮らしで家賃や光熱費、生活費を全て自分で賄う場合と比較れば、金銭面での負担はかなり減るはずです。

その分、浮いたお金をしっかり貯蓄に回せば、結婚資金も貯めやすくなるでしょう。

婚活の悩みを相談できる人がそばにいる

家族の仲が良く、婚活していることを家族が知っているのなら、婚活の悩みをいつでも話せる相談できる相手がいるのは安心です。

婚活で迷ったり悩んだりしたときに話を聞いてもらったり、親や兄弟姉妹の立場で客観的なアドバイスをしてもらえたりすると、家族として心強いと思えるでしょう。

また、相手のことを早い段階から家族に話して二人のことを理解してくれていると、交際が発展した時には、家族が二人の力になってくれることもあるようです。

孤独感を感じずに暮らせる

一人暮らしで婚活していると、周りの幸せそうな家族の姿を見たり、友人の幸せな報告を聞いたりした時に、どうしても孤独感や将来への不安を感じやすくなります。

しかし、実家暮らしで家族がそばに居れば、一人暮らしにありがちな孤独や不安を感じにくくなるように思います。

親を大切にしているように見える

実家暮らしというだけで、家族の仲がよく、親を大事にしている印象にもなります。

結婚してからも自分の家族を大切にしたいと思っている人ほど、相手の家族仲や、相手が家族を大切にする気持ちを持っているかどうかを重要なポイントして見極めようとします。

実家暮らしが理由で、好感度が上がった人もいましたよ。

独身のうちに親孝行しやすい

これから結婚という選択肢を選ぶとすれば、親と一緒に暮らせる期間はごくわずかかもしれません。

そう思うと、一緒に暮らしていれば親の身の周りに何か心配な変化があったら、すぐに気づいてあげることもできるでしょうし、親孝行しやすい環境だと言えます。

実家暮らしでも婚活がうまくいくコツ

楽しく話すカップル
実家暮らしでも婚活はうまくいく

こうしたメリットもあるとはいえ、婚活でいろいろな人と出会っていくと、実家暮らしに悪いイメージを持っている相手に出会ってしまうことがあると思います。

ここからは婚活がうまくいくための準備です。実家暮らしでも婚活がうまくいくコツをお伝えしていきますね!

一人暮らしの落とし穴を知っておこう

一人暮らしを始めれば何も問題が無いのかというと、そうでもありません。

実家を出てもだらしない生活を送っているようでは、婚活はうまくいかないでしょう。 大切なのは、どんな環境で暮らしていても、自己管理ができるかどうかです。

たとえばこちら。当てはまることが一つでもあると要注意かも。

  • 収入はあるのに貯金や支払いが管理できない
  • ポストに郵便がたまりっぱなし
  • 掃除や片付けができず汚い生活環境
  • 外食ばかりで不健康な食生活
  • 借金がある

一人暮らしをしていても、十分な生活力が身についているとは限りませんよね。

実家の問題をクリアしておこう

今は実家暮らしだったとしても、がんばって婚活しているのであれば、実家を離れる日が必ずやって来ます。婚活中から、相手の目線で自分の実家について考えておくことも大切です。

たとえば、こんな質問にどう答えますか?

  • 実家の住居費用は毎月いくらくらいなのか
  • ローン返済額や残りの期間、誰が支払うのか
  • 親や兄弟が病気になったらどう対応する予定なのか
  • 親が他界したあと不動産をどうするのか

今住んでいる実家を今後どうしていくか、親や兄弟姉妹と本音で話し合ったことはあるでしょうか。家族間できちんと取り決めたことはありますか?

「親はまだまだ元気だから、そんな話はしたことがない」という人も多いでしょう。親がどのように考えているのかも知らず、何も予定していないご家庭の方が多い用に思います。

しかし、婚活で出会う相手はあなたよりも真剣に、あなたの実家について知りたいと思うはず。

相手と将来の話を擦り合わせする時に、必ずといっていいほど話題になります。そのときにしっかりとした考えや方針を話せるかどうかによって、あなた自身への信頼や安心感も変わります。

家族の考え方や将来の方針を、できるだけ整理しておくこともおすすめしたいと思いますよ。

あなたの実家暮らしの理由を考えておく

さまざまな理由で実家暮らしを選んでいる人がいると思いますが、婚活で不利なイメージを持たれる可能性があることは理解できたのではないでしょうか。

出会った相手が、実家暮らしであることにあまり良いイメージを持っていないときのために、あなたの状況を説明できるようにしておきましょう。

実家暮らしを選ぶ理由はこんな事が上げられます。

  • 会社から実家が近くて通勤に便利だから
  • 生活費を節約して結婚資金を貯めるため
  • 今は寝るためだけに帰る感覚だから
  • 近くの友人と会いやすくなるから

相手がその理由に納得できれば、ただ甘えているだけじゃないことなどをわかってくれると思いますよ。

実家暮らしでも経験できることをやっておこう

実家暮らしは「親に甘えて何もしていないのではないか」というイメージが、どうしてもつきまといます。実際のところ、親に甘えている部分も少なからずあるのではないでしょうか。

婚活をがんばっているあなたなら、近い将来に実家を出て暮らしていく日がやってきます。

いつ実家を出ても自立して暮らしていける準備のために、実家に居ながらにして自立した生活スタイルで暮らしましょう。

例えばこちらのリストは、一人で暮らしているならほぼ自分でやらなければなりません。

  • 買い物に行って材料から揃えて料理する
  • 一定額の生活費で計画的に暮らす
  • 計画的な貯金を続ける
  • 生活に必要なものを自分のお金で購入する
  • 家族に起こされずに自分で起床、規則正しく生活
  • お風呂を掃除してお湯を沸かす
  • トイレや洗面台など水回りを掃除する
  • 自分の服や下着は自分で洗濯⇒たたむ⇒片付ける

実家で暮らしながらこれを全部やってる人は、ほぼいないと思います。

こういう暮らし方ができると、実家暮らしのメリットを活かしつつ、婚活で不利になることはなくなるはずです。

できることをひとつづつ増やしていけば、家事力や生活力がアップします。家族から自立して暮らす感覚がつかめるようになり、結婚後の新しい家族との生活にも違いが出てくると思いますよ。

まとめ

一度も家を出て暮らしたことがない人は、婚活をきっかけに、思い切って一人暮らしを経験してみるのもいいかもしれません。自立心や生活力がつくだけでなく、何にいくらかかるのかを知ることができ、金銭感覚が身につきます。

また、日常の家事など、いかに大変なことを両親が行ってくれていたのかも実感できるので、親への感謝の気持ちも湧いてくるでしょう。

とはいえ、すぐに一人暮らしを始めるのか、結婚を契機に独立するのかは、今の婚活状況によって迷いますよね。

結婚のスタート地点で大切なこと

結婚して新しいパートナーとの2人の生活になったときに、自分に何ができるのかを想像してみてください。パートナーと協力して家事を分担するとなったときに、何もできないようでは相手に負担がかかってしまいますよね。

家事をなんでも完璧にできるようになるのは難しいことですが、ある程度の経験と理解があって、自分たちで生活するイメージを持てていることが、結婚のスタート地点で大切ことです。

婚活している皆さんは、「一緒に協力しあってい暮らしていける人に出会いたい」「お互いを支え合い、助け合える夫婦になりたい」という希望を持っているのではないでしょうか。

あなた自身のその願いを叶えるためにも、ネガティブな声に惑わされず、甘えすぎないで、自分の暮らし方を婚活中から整えておけるといいですね。

一人暮らしでも実家で暮らしていても、相手から信頼され、安心してもらえるあなた自身になればいい。自信を持って婚活に臨みたいですね。

私たちは婚活を頑張っている皆さんを、いつも真面目に応援しています!

貯金がいくらあれば結婚できる?貯金額の目安と結婚費用にかかるお金はこれくらい。

    女性向けマニュアル

      男性向けマニュアル

      ★プライバシーポリシー★