結婚相談所にはいい人がいない?知られていない事実といい人に出会う方法がある。

結婚相談所で婚活して「いい人なんていなかった」と、途中であきらめてしまった女性もいらっしゃると思います。

実際に会った相手が「ドン引きするようなひどい男性だった」とか「男性のレベルが低すぎる」など、かなり手厳しい女性の声もありますが、「結婚相談所でいい人に巡りあえた!」「お見合いした素敵な彼と結婚します!」というリアルな成婚者たちもたくさんいます。

結婚相談所には「いい男性」がまったくいないわけではありません。結婚相談所で「いい人がいなかった」と思ったのなら、実はあなたが出会えなかっただけなのです。

なぜ出会えないのか?これを知って対策できたら、結婚相談所を有効活用できますよ。

そこでこのブログでは、婚相談所には「いい人がいなかった」と嘆いている皆さんと、これから結婚相談所の婚活を検討している皆さんに役立つよう、主にこの2つを詳しく解説しています。

●結婚相談所にはいい人がいない理由
●結婚相談所の中でいい人をみつける方法

これを読むと、結婚相談所にいるいい人を見つけることができ、いい人に出会うチャンスを逃さずに済みますよ。

ぜひ参考にしてくださいね。

結婚相談所に「いい男性」がいない理由とは

結婚相談所でいい男性をみつけて結婚を叶えていく女性たち、実際にいます。ですから、いい男性が最初からまったくいないわけではないのです。

ではなぜ、女性たちががんばって婚活してみてもいい男性が見つからず、「結婚相談所にはいい男性がいない」と思う状態に陥るのでしょうか。

その理由をまずは最初に解説します。

さまざな意味で高望みをしている

結婚相談所で活動する男性たちの中には、かなりのイケメンもしますし、ハイスペックな男性たちも少なくありません。

なのになぜ「いい男性がいない」と嘆くような婚活に陥ってしまうのかというと、女性たちが望む「いい男性」は超ハイレベルでピンポイントすぎてしまい、結婚相談所で現実に出会える男性基準には合わないのが、一番の理由だと思います

理想とする男性の条件が高すぎる場合、ちょっとかっこいいだけ、一部のスペックが揃ってるだけの相手ですら、対象外になってしまいますよね。

この状態に当てはまっている女性が思い描く理想の相手で、期待通りの条件を十分に満たしてくれる男性は、現実にはいないタイプです。

そんなレアな男性は、どこで探してもみつかりません。結婚相談所での出会いに期待していればいるほど、「結婚相談所にはいい男性がいなかった」と結論付けてしまうのだと思います。

自分からはお見合い申込をしない

結婚相談所で婚活する男性全体を眺めてみると、あらゆるタイプの方々がいるのは確かなのですが、女性が理想とするようなタイプの男性よりも対象外の男性のほうが多いでしょう。

結婚相談所の活動は、その割合に比例しますから、男性からお見合いを申込んでもらえても、対象外の男性ばかりだと思います。

また、多くの女性は自分からは動かず受け身になりがちです。女性が自分から会いたい相手に申し込みをせずに待っているだけとなれば、目の前に流れてくる相手の情報は、期待外れの人ばかり。

この状況から「実際に結婚相談所に登録してみたけど、いい男性がいなかった」という気持ちに、女性はなってしまうのです。

「いい男性」はすでに結婚しているのが現実

多くの婚活女性たちが思い描く男性が結婚相談所で婚活を始めると、早々に結婚する相手をみつけて相談所を卒業していきます。

ですから、結婚相談所であなたがいい出会いを待っている間に、彼らはさっさと相談所からいなくなっている可能性が高いのです。

いい男性はいないのではなく、あなたが出会うタイミングをつかめなかった、と言うのが正解だと思います。

「いい男性」は人気があるので簡単には会えない

そして、いい男性は多くの女性に人気があるため、いい男性はいい女性を選べる立場で婚活しています。

多くの女性達が出会いたいと思っていうような男性には、ライバルがかなりいるはずです。

たくさんのライバルたちの中から選んでもらおうと思ったら、あなた自身が「いい女性」のカテゴリに入らなければ、男性の目に留まることはなく、選んでもらうこともできません。

結婚相談所にいい男性がいたとしても、誰もが会えるわけではありません。実際に会えなければ、いないのと同じと思ってしまうでしょう。

結婚相談所で婚活する男性の共通点

共通点4つをご紹介します

結婚相談所で結婚相手をみつけるという一番の成果を出したいと願うなら、その仕組みを最大に有効活用することが上手な婚活のやり方です。

ここからご紹介するのは、結婚相談所にはどんな男性が登録しているのか、その中でどのように行動していけば結婚相手にふさわしい人がみつかるのかという考え方です。

まずは男性たちの特徴を知っておきましょう。

1.結婚を真剣に考えている

結婚相談所にいる男性たちは、結婚を真剣に考えている人ばかりです。

なぜそう言い切れるのかというと、結婚相談所で出会う=結婚を前提としたお見合いだからです。

相談所へ登録するには身分を証明する書類をいくつか揃えなければならないため、マッチングアプリとか街コンに参加するなどの他の婚活サービスを利用するよりも、活動を始める準備だけでもかなり面倒です。それでも時間をかけて結婚相談所を探したり手続きしたりできるのは、結婚への真剣度が高いからです。

本来、婚活は結婚相手を探すための活動のはず。しかし、「軽く付き合えるデート相手が欲しい」「妻以外の彼女が欲しい」という目的で婚活サービスの中に紛れ込む迷惑な男性たちがいます。

特に注意しなければならないのは、婚活パーティーやマッチングアプリです。独身者を対象にしたサービスなのに、身元を厳しくチェックされることがなければ誰もが気軽に利用できるので、年収を偽る人や既婚者も混じっています。宗教の勧誘や営業目的で起きたトラブルも少なくありません。

結婚相談所の利用はハードルが高いと言えば、そうかもしれません。だからこそ、独身者だけという基本的なルールが守られていますし、結婚相談所で出会えるのは、結婚への真剣度や意欲の高い人ばかりというのが最も大きな特徴です。

2.定職を持って安定した収入がある

結婚相談所への登録は、定職についていることが男性には必須条件です。男性の収入は証明書類で確認していますので、実際の年収より多く見せるなど、うその年収を記載することもできません。

結婚を真剣に考えて登録している男性たちですから、将来の生活を考えて貯金したり不動産を取得するなど備えている人が多いです。

また、結婚相談所を利用するための利用料金は、最初に支払う費用だけでも5~10万円、結婚が決まれば20万円が相場と言われていますので、毎月の生活費を支払うだけで精一杯という男性には利用しづらいサービスです。

経済的に余力があり、安定した収入が見込める男性が多く利用していると言えるでしょう。

3.家族の大切さを実感している

結婚を希望する男性たちがなぜ結婚したいと思ったのか聞いてみると、「一生のパートナーが欲しい」「子供が欲しい」「一人ぼっちになりたくない」など、それぞれの理由を話してくれますが、中でも多いのが家族をもちたいという希望です。

独りの寂しさが想像できる人、家族の温かみを大切にしている人、親に育ててもらった感謝の気持ちを忘れない人など、家族のありがたみや家族を大切にしたい気持ちを感じているからこそ、自分の家族を持ちたいと願うのが結婚を希望する大きな理由になっています。

また最近は、長男や長女のカップルも多いので、自分の両親だけでなく、相手の両親も大切にする姿勢を男女ともに求めています。

女性が男性の家に嫁ぎ、嫁が男性の親の面倒を見るのが当たり前と考えられていた時代の結婚観も、ご家庭や個人によっては、まだまだ野強く残っている様子も見受けられますが、ずいぶんと柔軟に変わってきました。

結婚する2人が幸せになるだけでなく、両方の両親のことも考えて、家族を大切にする志をもった方々が、相手の信頼を得て結婚を決めていく傾向があるように感じます。

4.女性との交際に慣れていない

異性との交際経験がない独身男性、20代では約50%、30代では約38%に交際経験が無いというアンケートデータがあります。

となると、男性の2人に1人は女性と交際したことがなく、交際したことがあっても1~2人くらいで交際経験が少ない人が多いわけです。

女性との交際に慣れていない男性は、女性をドキドキさせるような行動はできないし、女性をどう扱えばいいのかわかっていません。

女性が喜ぶスマートなエスコートができる男性はすでに結婚しているか、結婚以前の恋愛を楽しんでいるかのどちらかですから、結婚相談所にはみかけないタイプの男性ってことです。

交際経験のない男性は結婚を前提に付き合う相手候補としては安心ですが、女性はちょっと物足りなさを感じてしまうかもしれません。

あなたにとって「本当にいい人」をみつけるために

みつけたいね!本当に良いなって思える人

いろいろな条件を掲げて絞り込んだ結果、何十人、何百人の候補となる男性がいても、実際に結婚を決める相手はたった一人です。

あなたにとって「本当にいい人」と出会うためには、複数の相手の中から一人づつ見極めていかなければなりません。

ぜひこの4つを大切にしながら、相手のことを考えてみてください。

条件&スムーズなリード両方は求めない

多くの女性がハイスペックな条件に加えて、男性がリードしてくれることを期待していますが、そんな完璧な男性はどこにもいません。

男性たちは、女性が男性からのリードを待っていること、自分がリードしなきゃいけないことをよくわかっていますが、女性の期待通りに振舞うことは無理です。交際経験の少ない男性には、なおさらできません。

結婚相談所で結婚相手をみつけた女性は、自分から積極的に行動したことで交際が進展し、多くのライバルから抜きん出て成婚に至ったケースがけっこう多いですよ。

男性からリードしてもらえるのを待っている間に、いい条件をもった男性は他の女性に持ってかれてしまいます。

相手のイメージを具体的にする

結婚相談所で相手のプロフィールを見るときは、条件で検索して一覧化された相手の写真と文字の情報です。その情報だけでイメージを膨らませて、会いたいかどうかを考えていくことになるわけですが、条件で絞り込んだ結果、取りこぼしてしまう相手も存在します。

条件以外にはどのような相手がいいのか、結婚後の生活はどのようにしたいのか、まずは自分の気持ちで具体的に考えてみてください。そして、なぜ良いのか、なぜそのようにしたいのか、理由も考えておきます。

あなたにも相手にもその人だからこその魅力があり個性があります。その二人の相性がうまく合い、互いに求めあう気持ちが生まれないと成立しません。

条件という入り口だけでなく、結婚相手の具体的なイメージを整理して考えておきましょう。

自分の気持ちを大切にする

たとえば「友だちの彼がとても素敵な人だと聞いてたけど、その基準が私とは違ってた笑」など経験したことはありませんか?

想像と現実が違う例のひとつですが、自分が想像していた結婚相手とは違うタイプの人と相性がよかったり、好きになって結婚する人達もいます。

相手との相性を見抜く目を育てるためにも、いろいろな人と出会う中で気が付いたこと、あなた自身が感じうところを大切にしてください。その中でも、嬉しいことや幸せに感じたりすることなど、気持ちがぐっと上がる瞬間があなたの感性を磨きます。

結婚相談所では仲人やカウンセラーという存在が相手を見極める役割も担ってくれますが、あなた自身の正直な気持ちがすべての判断のベースになります。自分の気持ちを信じて欲しいと思います。

なぜ結婚したいのかを明確にしておこう

婚活は“結婚に向けて活発に動く”ことですが、動き続けるにはエネルギーが必要です。

最初は「周りが結婚し始めたから」「〇〇歳になってまずいと思ったから」など、まずはぼんやりとしたきっかけでも構いません。

前向きな活動を続けていくためには、「結婚したい!」という強い希望と「なぜ結婚したいのか」という理由が原動力になります。

この2つは自分なりの言葉で、いつでも思い出せるようにしておいてください。

まとめ

いい人をみつけたいなら

結婚相談所には、全くいい男性がいないわけではありません。「結婚相談所にはいい人なんていかなった」「結婚相談所で婚活しても出会えなかった」と言っている女性がいるとしたら、ただその女性が出会えなかっただけの話なんです。

【まとめ】いい人に出会えない理由とは
●さまざな意味で高望みをしている
●自分からはお見合い申込をしない
●「いい男性」はすでに結婚しているのが現実
●「いい男性」は人気があるので簡単には会えない

もし、あなたが「いい人がいない」と嘆いている女性の一人だったとしたら、このブログの内容はなかなか厳しい話だったかもしれません。

それでも、本当にいい人と出会いたいならこの4つです。

【あなたにとって「本当にいい人」をみつけるために】
●条件&スムーズなリード両方は求めない
●相手のイメージを具体的にする
●自分の感覚を大切にする
●なぜ結婚したいのかを明確にしておこう

ぜひ、このスタンスをもって、婚活にチャレンジしてみてください。

そして忘れないでおきたいのは、男性たちもたった一人の魅力的な女性を選ぶために結婚相談所で婚活しているということです。

男女の関係はバランスが大事。特に結婚となればお互いの釣り合いがとれていないと、出会うこともできないしカップルとして成立しません。

いい男性から求められる女性に近づく努力も必要だと思いますよ。

カウンセラー
カウンセラー

これからきっと、本当にいいなと思える男性に出会えるときがやってきます。自分が求めるだけでなく。相手からも求めてもらえたら嬉しいですね。ぜひ、いい人と出会い、幸せな結婚を叶えられる女性が増えるように!応援しています!

 

婚活女子の自分磨きは無駄?!婚期を逃しちゃうって噂は本当なの?

結婚相手として相性のいい人はどんな人?見分けるポイントと見つけ方をご紹介!

    女性向けマニュアル

      男性向けマニュアル

      ★プライバシーポリシー★