BLOG

最終更新日

楽しかったデート♪なのに彼から突然の交際終了?!
「なぜ断られたのかわからない!!」
「私の何がいけなかったの?」
「私はもう一度会いたいって思ってたのにどうして?」
「彼だってとても楽しそうにしてたのに!」

という経験はありませんか?

もう一回会ってみたいと思っていた男性から先に断られると「何がいけなかったの?」「なぜ私じゃダメなの?」と、断られた理由がとても気になってしまいますよね。

初デートの後で男性から断ることは、ほぼありません。男性にふられてしまう女性には、なんらかの理由があります。

その理由は、「ふられても納得するしかない相手側の理由」と「女性が自ら相手をがっかりさせてしまった理由」の2つのパターンです。

あなたの場合はどちらのパターンだったでしょうか?このブログで確認してみましょう。

納得するしかない男性側の理由3つ

最初にご紹介する男性側の理由は、女性も同じような理由で同じことを経験したことがあるかもしれません。

フィーリングがあわなかったから

1つ目は、特にいやなところは何もないけれど「なんとなくフィーリングが合わなかった」場合です。

いい人なんだけれど「結婚する相手とはちょっと違う」というような感じ、味わったことはありませんか?

好みのタイプじゃなかったから

誰にでも好きなタイプってあると思います。「会ってみたら好みのタイプじゃなかった」「なんだか好きになれない」と感じたら、そこから先には進めません。

他にライバルがいたから

結婚相談所の婚活は、お見合いも交際も複数人と並行しても良いのが大前提。相手にも、交際が続いているほかの人がいるかもしれません。

どこかのタイミングで最後の一人を決めていくわけなので、相手が自分以外の人を選ぶ可能性も十分にあります。自分がいくら頑張ってみてもかなわないこともあります。

前向きな婚活をしよう
この3つは誰もが同じような経験をしたことがあると思います。これが理由で自分が断られる側になったら納得するしかないですよね。気持ちを残さず、次の新しい出会いに向かっていくのが一番です!

男性をがっかりさせる女性の行動パターン

女性に行動にがっかりする男性

女性の行動が男性のモチベーションを下げてしまう?!

女性のちょっとした行動や振る舞いが、男性をがっかりさせてしまうこともあります。それで相手のモチベーションが下がってしまったら、とても残念ですね。

ここでは6つのことをご紹介します。心当たりはありませんか?

男性にお店選びを任せっぱなしにする

女性は友達同士で、人気のお店に食事に行ったり、話題のスポットに遊びに行く機会があると思います。男性の場合は、女性の好む人気のお店や話題の場所に一人で行くことはないし、男友達と連れ立って行くことも、ほとんどありません。

デートのお店を選ぶ時、女性が喜ぶお店を熟知していて、ささっとスマートに予約できる男性は少数派。毎回デートの行き先を自分が考えなきゃいけないのかと思うと、デートが楽しいものではなくなります。

支払いのお礼を言わない

相手に食事代やお茶代を支払ってもらったお礼を言うのは、基本的なマナーです。何も言わずに、おごってもらって当たり前のように振る舞ってしまえば、非常識と思われてしまいます。

デートの食事代を男性が最初から支払うつもりであっても、お礼も何も言わない女性の態度に、男性は違和感を感じています。せめてお礼くらいは言ってほしいと思っています。小さな違和感や不信感が積み重なると、相手の好意をそいでしまうことになります。

女性の都合に合わせてばかり

たとえば、住む地域が離れている二人の場合。女性の住まいに近いところでデートするために、毎回時間をかけて男性が通うようになると、移動時間が負担になります。このまま交際を続けられないと、男性が思い始めてしまうこともあります。

そうなる前に女性が相手のことを気遣ってあげていれば、男性も楽しい交際が続けられたかもしれません。男性の好意に甘えてばかりいると、相手を思う気持ちのバランスが崩れるときがきてしまいます。

高級なお店の食事をリクエストする

初めてのデートを特別な日にしたい!そう思う女性がいるかもしれません。しかし、このデート代は誰が支払う予定でしょうか?お店をリクエストした女性が、自分で全額の食事代を支払うつもりはないと思いますが…。

本気で婚活している男性は、お金の使い方が堅実です。初めてのデートで高級なレストランの食事をリクエストする女性には、金銭感覚や生活スタイルの違いを感じてしまいますよ。

返信のレスポンスが遅い&反応が悪い

交際中はLINEを使って連絡を取り合っている人が多いようですが、返信の頻度はどれくらいがいいのか気になったことはありませんか?「返事が早いと相手が負担に思うかもしれない」「前のめり過ぎると思われるのもいやだし」など、思う人もいますよね。

だからといって、ゆっくりペースで返信するスタンスを「仕事が忙しいから返事が遅れる」「普段はLINEを見ないから返信は数日後」を理由にするのは言い訳だと相手は感じとっています。だって、本当に会いたい相手だったら、仕事が忙しくても会いに行くし、返事をすぐに返しませんか。

次に会う日にちがなかなか決まらないとか、空いているスケジュールを聞いても返信がない時などは、相手は別の理由を想像しています。「気持ちがないから」「ほかにも交際している人がいるから」だと思われてしまうでしょう。自分が待たされるばかりだと思ったり、気持ちを感じられない相手との交際を、続けたいとは思いませんよね。

第一印象が変わってしまった

最初は服もメイクも頑張っていたけれど、いつの間にかメイクや服装の手を抜いていませんか?最初は言葉を選んで丁寧に話していたけれど、いつの間にか気楽な言葉遣いや雑な話し方に戻っていませんか?

女性はメイクと服装で、見た目が変わります。言葉遣いや話し方が変わると、人柄も変わって見えてしまいます。とてもよかった第一印象の女性だったのに、次に会ったらなんだか違っていた・・・何がそう思わせてしまうか、男性にははっきりとわからないこともありますが、服装やメイク、言葉遣いの変化が理由であることも。

交際中からなんでも協力しあう二人でいよう!

仲良く語り合うふたり

気持ちを伝え合い、同じ時間を共有していこう

結婚相手はお互いに協力し合い、支え合っていくパートナーとなる人です。

交際期間はデートを重ねながら、協力と信頼の小さな経験を二人で積み重ねていく時間。お互いをパートナーとして認め合えるかどうかを確認していきます。

男性にリードしてほしいと言う女性が多くいらっしゃいますが、「男性にリードしてもらう」のと「男性に任せて自分は何もしない」のは紙一重。その度合いがかみ合わないと、何もしない&何もできない女性だと判断され、相手には負担だと思われてしまいます。最初から相手に丸投げ&頼りっぱなしでは、良い関係を築くことは難しいですね。

ここでご紹介した「相手をがっかりさせてしまう6つの理由」に心当たりがあったとしたら、次は同じことを繰り返さないようにしましょうね。

これから出会う唯一の人のため、今までのことはリセットして、次の準備を始めればいいんです。ブライズデザインがあなたの婚活を応援します!

交際中のベストなLINEの使い方。返信の頻度は?タイミングは?まとめて解決!

【無料の婚活相談*オンラインOK】結婚にぐっと近づくはじめの一歩を応援します!