成婚料なしの結婚相談所ってあやしいところ?そんな疑問にお答えします!

「成婚料なしの結婚相談所のほうがお得に結婚できる?」
「成婚料ありとなし。違いがあるのか?わからない。」
「成婚料なしの結婚相談所はあやしい?やめたほうがいい?」

と相談所を選ぶ際、成婚料について疑問に思ったことはありませんか?

成婚という言葉、婚活中の人ならよく耳にする言葉だと思います。でも、普段の会話では「結婚が決まりました」「今度結婚することになったよ」などと言いますが「成婚が決まった」「今度成婚するよ」とは言いません。

”成婚”は誰もが日常では聞き慣れない言葉。”成婚料”も結婚相談所ならではの費用です。

そこで今回のブログでは、成婚の定義や成婚料ありなしのメリットとデメリットなどを紹介しながら、成婚料にまつわる疑問を解決します。

そもそも成婚ってどういうこと?成婚の定義とは

”成婚=結婚や入籍”の意味で使うことが非常に少ないことはご存知ですか。成婚と一口に言っても、実は婚活サービス毎にその定義(成婚の段階をいつとするのか)が異なっています。

よくよく調べてみると、”成婚の定義”にはこれだけの種類がありました。

成婚の定義(成婚の段階をいつとするのか)
1.お付き合いが始まったとき
2.結婚を前提とした真剣交際が始まったとき
3.交際から一定期間が経過したとき
4.お互いに結婚する意思が確認できたとき
5. ご両家のご家族に結婚を認めてもらったとき
6.プロポーズが成立した後

交際の最初の頃から結婚の直前まで、あらゆる交際の段階を成婚としているようですが、ただお付き合いが始まっただけの頃と、正式に婚約した後では、交際の状況が全く違いますから驚きますし、戸惑いますよね。

ネットで完結するような結婚相手紹介サービス(結婚相談所という名称を使っている場合もあります)では、「1.お付き合いが始まったとき」や「2.真剣交際が始まったとき」という、交際の過程でもかなり早い時期を成婚とすることが多いようでした。

となると、結婚するかどうか曖昧な頃でも、成婚退会が決まってしまうわけです。そうすると増えてしまうのが、結婚のすりあわせが進んでいくと、かみ合わないことが明確になってしまい、結局お別れすることに…これは絶対に避けたいパターンです。

サービスを選ぶ前に”成婚の定義”は必ず確認すべし!

もし、注目している結婚相談所があるならば、どの段階のことを「成婚」と定義しているかを直接確認したほうがいいですよ。ホームページには書いておらず、どのように定義しているのかわからない相談所もありました。

なお、一般的に仲人が介在する結婚相談所では、「ご両家に結婚を認めてもらった段階」や「プロポーズが成立した後」など、婚約が確実になった段階を成婚と定めているところが多いようです。

安心して婚活したいですし、真剣な結婚相手を探したいですね。

結婚相談所の成婚料によくあるご質問

今度は、成婚料に関するいくつかの質問にお答えします。あなたにとっても、聞いてみたかった質問があるでしょうか?ずばり!お答えいたしますね。

成婚料0円の結婚相談所は怪しいところですか?

真剣な結婚を目指して活動できる結婚相談所でも、成婚料0円で費用を設けていないことがあります。決して成婚料0円だからと言って、怪しい訳ではありません。

成婚料なしの場合、最初に払い込む初期費用や、毎月支払い続ける月会費に比重を置いた料金設定にしている傾向があるかもしれません。成婚までの期間を比較計算してみると、最終的に支払う総額が変わらないこともあります。

もしくは、料金がかからない分はサービスやサポートを削減して、結婚相談が簡易な形になっているかもしれません。

成婚料を支払わなくて済みと思うと、安い金額で結婚できることを期待するかもしれませんが、十分なサービスやサポートが得られずに結果として婚活に時間がかかってしまい、そのまま費用が加算されていく可能性があります。

成婚料0円には、やはりそれなりの理由があります。

成婚料の相場はいくらくらいですか?

成婚料が決まっている結婚相談所、その相場の金額は5〜30万円あたりでしょう。中でも20万円前後で設定している相談所が多いようです。

この料金設定は結婚相談所によって違いますし、同じ相談所内でコースやプランが複数あると、どんなコースを選ぶかによっても変わってきます。

成婚料を支払うタイミングはいつ?

各相談所で決められた「成婚の定義」の段階で発生します。先述したとおり、定義が違うと、支払うタイミングが異なることになりますね。

また、相談所の規約によっては、結婚の意思がなくても成婚料が発生する段階もありますので、よく確認してください。

婚前交渉したら成婚退会させられるって本当なの?!

基本的に結婚相談所では「婚前交渉」や「宿泊を伴う旅行」を成婚とみなすと定めています。

いくら双方の同意があったとしても、男女間のトラブルを防止するため、安心して婚活するための基本的なお約束です。

もしこのルールに違反したら成婚とみなされ、成婚料相当を支払って退会することになるでしょう。また、ルール違反の違約金や別料金を請求されることもあります。

お見合いから3か月経ったら成婚決定?!

仲人型の結婚相談所では、交際が始まったばかりの時期を仮交際(プレ交際と同じ意味です)と呼びます。

仮交際中は同時に何人のお相手と交際していてもOKですが、真剣交際は一人の方と真剣に向き合うという意味なので、真剣交際できる相手は同時に並行しない唯一の一人です。

交際がうまくいけば、お見合いから2~3ヶ月でプロポーズして成婚退会するカップルもいます。

結婚相談所は、出会ってから3ヶ月目を一つの区切りとして、成婚退会へ向かう交際が進むようサポートしますが、ご本人たちの意思を尊重します。しかし、意思確認にかかわらず交際が3ヶ月経過したら「成婚」としている相談所もあります。

交際の期間やサポートの方針など、相談所や相談所が所属する連盟ごとに規約が少し違います。しっかりと確認するべきポイントのひとつです。

成婚退会後に破談したら返金される?

基本的には、相談所のサポートは「成婚」まで。「結婚(入籍)」までを全部サポートするわけではありません。そして、法律に則った規約を元に相談所と契約して退会に至っているわけですので、もし成婚した後に破談となっても、返金が認められる可能性はほぼありません。

相談所によっては「○○ヶ月後までに破談した場合のみ返金」としている契約もあるようですが、ほとんど聞いたことがないと言ってもいいくらい稀です。

成婚料を支払わずに結婚してもバレない?

本当は結婚するのに、成婚料を払いたくないために2人で口裏合わせして退会する人、何年も前にはいたみたいですね。

しかし、絶対にバレます。親族からバレるケースもありますし、他の婚活サービス関係の情報などからわかることもあります。最近ではSNSでも情報が流れますので、隠し通すことはほぼ無理でしょう。

バレた時には、結婚相談所は公の手続きに基づいて成婚料を請求しますので、あまりにも状況が悪いと訴訟問題になるでしょう。

偽って残したお金で幸せになろうとしても、後々気分が悪いのはご本人達です。これでは幸せになるはずの結婚生活のスタートが台無しです。

成婚料ありの結婚相談所~メリットとデメリット

では次に、成婚料あるなしによって、どのようなメリットとデメリットが考えられるのかをそれぞれにまとめました。まずは成婚料ありの場合をご紹介します。

成婚料ありのメリット

●手厚いサポートが受けられる
●登録時の身元確認がしっかりしている
●会員の結婚への真剣度が高い
●支払い能力のある会員が集まっている

基本的に「成婚料」は、成婚に向けたサポートへの対価です。料金の分、手厚いサポートを実施していると考えられます。

また、安心と安全も確保していなければ、利用する側としてはサービスも出会う相手も信頼できないでしょう。

ですから身元確認など万全に配慮されていますので、真剣度の高い人達が集まる理由にもなります。成婚料ありの婚活サービスで婚活すれば、結婚への本気度の高い人と出会えることが、ご理解いただけるでしょう。

成婚料ありのデメリット

●活動経費がかかる
●お見合いの成立率が想像より厳しくなる
●本気の婚活を始める決断が遅れがち

やはり成婚料まで含めると、活動費が高額になるケースもあります。

また、真剣度が高い方は期待値も高いため、思ったよりお見合いができない場合、気軽に入会している所と比較するとがっかりしてしまうことがあるかもしれません。また、成婚料が発生することによって入会を躊躇していると、婚活を始める決断が遅れてしまという可能性もあります。

成婚料ありの結婚相談所をおすすめする人

成婚料があるということは、わかりやすくいえば「成婚料の分のサポートをしてもらえる」ということです。活動に不安があり、誰かにサポートしてもらった方が成婚の確率があがるような方は向いていると言えますので、成婚料があって、サポートが手厚い相談所を探すと良いですね!

また、同じように登録している人たちの結婚への真剣度も高めなので、早く結果を出したい人にも向いているでしょう。

【成婚料ありの結婚相談所をおすすめする人】
●恋愛経験が少ない人、交際した経験がない人
●社交的でなく、異性との会話が苦手な人
●今まで恋愛がうまくいかず、自分に自信がない人
●一日でも早く結婚したい人
●一人では積極的に活動できない人
●応援してもらいながら活動したい人
●婚活期間が長い人&これから婚活を始める人

成婚料0円の結婚相談所~メリットとデメリット

成婚料0円は嬉しいですよね。ただし、しっかり中身を見ないと、逆に損をしてしまう可能性もあるので、ここでメリットとデメリットを理解しておきましょう。

成婚料なしのメリット

●活動会費を抑えられる
●自由な活動ペースで婚活できる

毎月かかる活動経費(月会費)の金額が大きいか小さいかにもよりますが、成婚料が発生しないということは、短期で成婚すれば活動費をほぼかけずに成婚することができる可能性があります。

しかし、料金がかからない分のサポートが少ない相談所(主にデータマッチング型とも呼ばれるネット中心の相談所など)の傾向になるため、成婚退会等の決まりが全くなかったり、もしくはルールが緩くて無いに等しいくらいのところも。そのため自由なペースで活動できることがあり、それをメリットと思う人もいるでしょう。

成婚料なしのデメリット

●サポートを手厚くしてもらえない
●費用対サービスが期待通りにならない
●成婚の定義が緩く、成婚退会後の破談率が上がる

成婚料がないと同じ、サービスやサポートもほぼないに等しいかもしれません。お見合いの場所や日時も自分たちで決めなくてはならないというような、マッチングアプリに近い感覚の相談所もあります。

また、お相手へのお断りの返事を自分で行うなど、費用に対するサービスやサポートの質が期待と異なることも。

また、前述した「成婚の定義」が緩いケースもこのタイプの結婚相談所。成婚後に破談する可能性が高くなる傾向があります。

成婚料なしの結婚相談所をおすすめする人

基本的にはサポートせずに「出会いの提供」サービスに特化している相談所が多いので、恋愛婚活のあらゆる課題や問題を自分でこなせる自信があり、人からのアドバイスも不要であれば、自分のペースで自由に活動できる結婚相談所を選ぶのもありでしょう。

なんでも自分で選び自分で決めたい人は、成婚料なしの相談所を選ぶとストレスなく活動できそうですね。

【成婚料なしの結婚相談所に向いていると思われる人】
●出会えば、そのあとは自分でこなせる自信がある人
●結婚に関するサポートやアドバイスが不要な人
●自分のペースで自由に婚活したい人
●自分に合う結婚相手のタイプがわかっている人
●自分で選んで決めて成功できる人

成婚料の安さだけにとらわれず、結婚相談所を賢く選ぼう!

約10年前と比較すると、婚活業界は大きく様変わりしました。様々なタイプの結婚相談所が出てきており、相談所の数そのものも増え続けています。

婚活サービスが増える以前から、成婚料が発生するタイプの仲人型結婚相談所が一般的でしたが、データマッチングのみの成婚料なしタイプも出始めたりなど多種多様になりました。

このコロナ禍を含めたここ2年ほどで、なんらかの婚活サービスを利用する人達が驚くほど増えましたし、結婚の考え方、個人の価値観の多様さも、変化する社会の中で浮き彫りになりました。

変化し続ける婚活の現場において、婚活する一人一人に最も大事なのは、いかに「自分で納得感のある婚活サービスは何か。どんなタイプの結婚相談所を選ぶのか」です。

何事も試してみないとわからないことがありますが、まずは無料カウンセリングや資料請求を行い、自分にはどこがあっていそうかを考え、納得できるポイントをみつけ出してみてください。しっかり相談しながら婚活を進めたいという人は、実際に仲人に会って話して、仲人との相性を確かめてみるのもいいでしょう。

そして最後に「この相談所で婚活しよう!」と決めることができたなら、その結婚相談所とは密な連絡を心がけてみてください!目指す目標に集中して、行動することが何より大切です。

さあ、結婚相談所での婚活をイメージできましたか?あなたにあった結婚相談所を、まずは探してみてくださいね。

無料PDFダウンロード
お見合い&デートを成功させる秘訣を公開!

”初対面の出会いを突破して次の約束をゲットする”ためのマニュアルを、男女別に作成しました。

●良い第一印象は◯◯で決まる
●簡単ステップで苦手な会話を克服する
●友達以上になるには◯◯する
●また会いたいって言われる人になる

幸せな気持ちに満たされる婚活をしましょう♪ぜひ活用してくださいね!

    女性向けマニュアル

      男性向けマニュアル

      ★プライバシーポリシー★