マッチングアプリには向いている人と向いていない人がいることを、あなたは知っていますか??

今や恋人探しの定番ツールとなったマッチングアプリ。

『4人に1人がマッチングアプリなどの婚活サービス利用経験があり、3年連続で利用者がますます増加!』という調査結果(引用元:リクルートブライダル総研調べ)もありますので、現在利用中の人も含め、かなり多くの人が今までに一度でも登録したことがあるのではないでしょうか。

利用者の声から、アプリの出会いから結婚に至った人、なかなかうまくいかなかった人などを分析してみたところ、マッチングアプリが「向いている人」と「向いていない人」がいるみたいですよ。

そこで今回は、マッチングアプリの婚活に向いている人と向いていない人の特徴と、向いていなかった場合の改善策などを解説します。ぜひ最後までお読みください♪

目次

「自分はマッチングアプリに向いてないかも?」リアルな声!

自分はアプリに向いていないかも…と思っている人のつぶやき、ツイッターでもけっこうありますよ。

 

一度に複数の人と連絡するって…めんどくさいですよね。

 

誘われると断り切れない…気持ちわかります。後からめっちゃストレス。

 

音信不通が当たり前って、そりゃあ消耗しますよ…辛っ

 

いろいろなつぶやきがありますね。頑張ってもなかなか成果が出ないとなると「自分が悪いからだ」とか「自分のせいだから」って、ふと思いがちになりませんか?

でも!決してあなたが悪いわけじゃない!
ただアプリに向いている人と向いていない人がいるだけのことだから!

その違いをじっくり解説していきますね。

マッチングアプリに向いてない人8つの特徴

スマホを見て悩んでいる女性
マッチングアプリに向いてないかも?

マッチングアプリならでは、その使い方にはコツがあります。それを簡単に使いこなせるなら,その人はアプリの婚活が向いているのでしょう。でも、逆にストレスになってしまう人もいるとしたら、人によって向き不向きがあるということですよね。

まずはアプリに向いてない人の特徴をまとめます。これを読むと「なるほどね~自分が悪いわけじゃなかった。ただ向いていなかっただけなんだ!」と、気がつく人がいるのではないでしょうか。

まめな連絡がそこそこ苦手

アプリでは、マッチしたらすぐにメッセージのやりとりが始まります。まだ会っていない人とのやりとりのため、まめに返信しなくちゃと焦ったり、返信そのものがプレッシャーになる人もいます。

相手との信頼関係を作るには時間がかかります。アプリで出会ったばかりでは、いつ終了してもおかしくありません。まめに連絡することが苦手なタイプは、最初の段階から挫折してしまうかもしれません。

すぐに結果が出ることを求めたくなる

メッセージのやり取りで仲良くなってから、会う日にちを決めていくわけですが、実際に会えるまでには、どうしても時間がかかります。また、マッチしてから本当の相性がわかるのがかなり後になることがありますので、わかるまでにじれったさを感じることも。

結果を早く求めたい人にとっては「時間がかかりすぎる」「反応が遅い」「全然結果が出ない」と、もどかしく思うでしょう。

自分の個人情報を出したくない

プロフィール上でも自己開示して、自分がどんな人をアピールしなくては、そもそもマッチしません。

自分のことを文章で書くのが苦手だったり、アプリ上の知らない人達に自分について詳しく知られたくないと思っていると進展は難しいですね。自己開示するのに抵抗感が強い人は、そもそも難しいでしょう。

相手に合わせるのを窮屈に思ってしまう

メッセージを送る頻度やタイミング、送る内容や言葉選びを相手にうまく合わせないと、アプリでのコミュニケーションはスムーズに進みません。

相手に合わせることが苦手だったり、窮屈に感じるタイプの人は、マッチしてからのコミュニケーションがうまくいきません。関係が発展することは簡単ではないでしょう。

受け身の姿勢で自分から動けない

自分から率先してメッセージを送れない人や、次のステップへの提案を自分からできない受け身タイプの人は、いつの間にか他のライバルたちの中に埋もれて、遅れをとってしまうでしょう。

だいたいの人が、複数の人と同時にメッセージのやりとり行っているのが大前提。その中で積極的に連絡しあえば、ステップの展開も早くなり相手への興味が高まります。そういう相手の方が、「リアルで会ってみたいかも」という気持ちになりますよね。

フットワークが重い

フットワーク軽くて、どんな人とでもコミュニケーションしやすいタイプの人のほうが、アプリを上手に使いこなして婚活に役立てられます。。

フットワークが重いと、相手とのやりとりのスピード感が速いように感じられ、「速すぎてついて行けない…」と思うかも。これではマッチングアプリならではの、手軽な出会いのリズムに、なかなか乗っていけません。

やりとりそのものが億劫になってしまって、気持ち的にも負担を感じることになるでしょう。

ネットでの出会いに抵抗がある

インターネット上での出会いに抵抗がある人は、そもそもアプリを使うことが向いていません。

うまくいった体験談を聞いたとしても、友人に誘われたり薦められて使い始めたとしても、最初からもっている抵抗感を簡単には払拭できません。結局は、いい結果には結びつかないでしょう。

複数と同時並行するのが苦手

マッチングアプリは、複数の相手と同時にやり取りし続けながら使うもの。相手にも他の人がいることを前提にしながらコミュニケーションし、関係を作っていく仕組みです。

他の人と同時に並行することが割り切れず、気持ちがすっきりと整理できない人には、やはり向いていません。

【まとめ】マッチングアプリに向いてない人の特徴まとめ
1.まめな連絡がそこそこ苦手
2.すぐに結果が出ることを求めたくなる
3.自分の個人情報を出したくない
4.相手に合わせるのを窮屈に思ってしまう
5.受け身の姿勢で自分から動けない
6.フットワークが重い
7.ネットでの出会いに抵抗がある
8.複数と同時並行するのが苦手

マッチングアプリに向いている人5つの特徴

アプリでうまくいきそう!

ここまでは向いていない人の特徴をご紹介しましたが、今度はその逆。マッチングアプリに向いているのは、どんな人なのか見ていきましょう。

インターネットを使うのが億劫にならない

SNSをよく使っている人や相手からメッセージが届いたらすぐに返信するタイプの人、それを面倒だと思っていない人は、普段からインターネットを使うことに慣れています。

ネットを使ったコミュニケーションを日頃から抵抗感なく利用していれば、アプリ上でのやりとりにも大きなストレスを感じません。

すぐに結果が出なくても長い目で見られる

アプリの婚活で結果を出すには時間がかかるものだということは、先にご紹介した通りです。

それを最初から理解してアプリを使える人、長い目で見て活動していけばいいと思って登録している人は、結果が出るのに時間がかかっても、不満に思うことがありません。

自分の魅力を伝えることが上手

メッセージのやり取りで伝え合い、相手への理解を深めるコミュニケーションツールです。

自分のことを文章でうまく伝えることができたり、自分の魅力を認めてそのまま伝えることが上手な人は、相手に会わなくても好感を持ってもらえます。

もしやりとりに時間がかかったとしても、実際に相手に会う機会を作ることは難しくないでしょう。

人を好きになりやすい恋愛体質を持っている

人を好きになるのに時間がかからない人、人を好きになりやすい恋愛体質と呼ばれる人は、どんなきっかけで出会ったとしても、恋愛に発展させることができますよね。

大勢の方と手軽に知り合うことができるマッチングアプリでの恋愛も向いていると言えます。

人見知りでさみしがり屋

会うとうまく話せないし見知りしちゃうけど、メッセージのやり取りなら積極的にできる人は、婚活している人に少なくないタイプだと思います。

最初に会って勝負する!というより、まずはメッセージで話が合う人を見つけ出すのが先。話が合う人とだけ実際に会えばいいので、対面のストレスが軽減できます。アプリに向いていると言えます。

また、さみしがりやの人の場合、複数の人とやり取りしているとさみしくなりがちな隙間時間を埋めることができるので、アプリに向いているタイプです。

【まとめ】マッチングアプリに向いている人の特徴
1.インターネットを使うのが億劫にならない
2.すぐに結果が出なくても長い目で見られる
3.自分の魅力を伝えることが上手
4.人を好きになりやすい恋愛体質を持っている
5.人見知りでさみしがり屋

マッチングアプリが向いてない人のための解決策!

向いていないかも?と思ったからといって、マッチングアプリをすぐにやめなくてもいいですよ。

少し工夫するだけでもいい効果が出てくることもありますので、ここでご紹介するいくつかの解決策を試してみてくださいね。

数をこなして慣れよう

アプリを始めたばかりの人であれば、ただ使い慣れていないだけかもしれません。数をこなせば慣れてくるでしょうから、もう少し使ってみてください。

自分に合ったマッチングアプリを選ぼう

かなり多くのマッチングアプリが存在します。種類を変えてみると自分にあったタイプのものがみつかるかもしれません。アプリを変えて試してみるものありです。

マッチングアプリの使い方を再確認しよう

もしかして、まだ使ったことがない機能や、試していない使い方のコツがあるのではないでしょうか。今一度、基本の使い方や応用の使い方など、上手く活用する方法を調べ直してみると、有効な再発見があるかもしれません。

プロフィールを修正してみよう

プロフィールを見直して、追記修正してみるのもありです。

趣味や日常どんなことをしているかなど、少し盛り込んだ情報発信をするようにしてください。共通の話題で検索する人達も多いので、マッチング精度が高まりますよ。

嫌なときは断り、ダメだったら切替える勇気をもとう

メッセージのやりとりをしながら「この人とは合わないな」と思ったら、はっきりとお断りしましょう。「他に気になっている方がいるのでごめんなさい」と言えば大丈夫です。

だらだらと続けるのではなく、気持ちを切り替えて確実に次に進むことが重要です。

真面目そうな相手にアプローチしよう

アプリには残念ながら、遊び目的の人や営業目的、マルチの勧誘など、様々な人が混ざっています。ルックスだけで選ぶと、後悔することになるかもしれません。プロフィールをしっかり確認して、真面目そうな人を選びましょう。

とにかく出会えるまで続けてみよう

どんな出会いの手段も、出会えるまで続けてみなくてはわかりません。最初にマッチした方と結婚する超ラッキーな方もいれば、100人目に出会った方とお付き合いが始まることもあります。

【まとめ】マッチングアプリが向いてない人のための解決策
1.数をこなして慣れよう
2. 自分に合ったマッチングアプリを選ぼう
3.マッチングアプリの使い方を再確認しよう
4.プロフィールを修正してみよう
5.嫌なときは断り、ダメだったら切替える勇気をもとう
6.真面目そうな相手にアプローチしよう
7.とにかく出会えるまで続けてみよう

カウンセラー
カウンセラー

恋人探しも本気の結婚相手探しも、目的が違っても独身なら誰もが使える便利さがマッチングアプリの特徴。求める結果へのスピード感を期待せずに、気長に探すことが良い使い方だと言えそうです。

アプリ以外の婚活方法をお薦めするのは、こんなタイプの人!

解決策を試してみて、本当に向いていないと思ったらこちらもチェック。ひとつでも当てはまるなら、アプリ以外の婚活方法を試してみるのもありですよ。

人を見る目に自信をもてない

残念ですが、マッチングアプリには結婚に本気でない人たちもたくさん混ざっています。また、プロフィールに嘘を書くこともできますので、人を見る目がない人や簡単にだまされやすい人は、避けた方がいい婚活方法です。

メンタルがあまり強くなく、一人で思い悩むことが多い

アプリの婚活では相談できる人がおらず、相談の仕組みもありません。活動が上手くいかなくなると落ち込みやすい人、心の傷が深まりやすい人など、精神的なダメージが大きくなりそう人は、婚活の悩みや困り毎を相談できる人が身近にいる婚活方法を選んだ方がいいでしょう。

コミュニケーション力が低めと思っている

アプリはまずメッセージを送ることから始まります。。メッセ-ジでうまくコミュニケーションが取れなければ実際に会うことすらできません。また、実際に会っても自分に自信がないと、自分の魅力が伝えきれず、会話が弾まないままで終わってしまったり、出会いを発展させることが難しいでしょう。

ネット上の出会いを心の底では信用できない

アプリが一般的になったとはいえ、ネットでの出会いを元から信用できないと思う人もいるでしょう。となると、アプリを使うのは無理。アプリではない方法を強くおすすめします。

受け身になりがち、積極になりきれない

受け身タイプの人は、アプリでの成功率が高くありません。積極的な相手とマッチングできたなら、待っているだけでも交際が進展するかもしれませんが、なかなかそうはいきません。他の方法に切り替えた方がいいですね。

試してみる価値あり!他の婚活4つの方法とは?

ここからはアプリが向いていない人に試して欲しい婚活の方法を紹介します!

●合コン
友人からの紹介で合コンする場合は、参加者は信頼できる人たちです。生活スタイルや志向性が似ている方が集まりやすいので、話が盛り上がりやすいでしょう。また、そこから友人関係が生まれて新たな出会いを運んでくれるケースもあります。

特に年齢が上がると周りに独身者が減り、合コンに誘われにくくなりますよ。身近なところで合コンがあるうちは、積極的に参加してみてください。

●街コン
コミュニケーションの仕掛けが用意されているイベント等、1対1ではなくて複数人で話す形式が多いため、コミュニケーション能力が多少は低くても、場の雰囲気に合わせて盛り上がることができます。

賑やかな雰囲気の中で異性と仲良くなれれば、その後の交際も自然な方向に発展しやすくなります。

ただし、軽い気持ちで参加している方が圧倒的多数ですので、すぐにでも結婚したい人には向かないかもしれません。

●婚活パーティー
婚活目的で来ているので、結婚に前向きな相手と出会えます。直接話して相性を確かめることができ、相手が将来をどのように考えているのかなど聞くことができるので、結婚をイメージしやすい相手を探すことができます。

意気投合すれば次のステップに進むのも早いでしょう。結婚に前向きな人と一度に複数人と会えますので、効率よく出会いたい人にぴったりな方法です。

●結婚相談所
アプリが向いていない人に特に試してほしい方法が、結婚相談所のお見合い婚活です。

身元確認が必須の結婚相談所に、遊び目的でわざわざ登録する人はいません。「本当に独身なのか?」「本当に結婚を考えているのだろうか?」など、相手の身元や真剣度を疑うという余計なストレスはありません。

お互いの相性や価値観のすりあわせのみに集中して考えていけばいい。困った時は相談できる仲人(カウンセラー)が身近にいてくれるので、安心して婚活できます。

あなたぴったりの婚活方法を選ぶべき理由

一つの出会いのツールとして上手に使えば、日常生活では出会えない人と出会えるきっかけがマッチングアプリです。

そして、様々な人と手軽に出会える反面、向いているのか向いていないのかがはっきりと現れてくるツールということをお伝えしました。

このブログで、アプリに向いていた特徴の人も、自分の目的と婚活の目標は何なのかを、確認し直してみてください。そして、これからどのように行動するのが一番の近道なのか、どの方法が自分に合っているのか、再確認してみるといいですよ。

あなたの目標を「結婚」に定めているのであれば、結婚相談所や婚活パーティーなど、目的意識(結婚への真剣度)が同じ人たちが集まっている場所で活動する方が、より早くゴールにたどり着けることでしょう。

誰にとっても今日が一番若い日だと、どこかで聞いたことはありませんか。どんどん過ぎていく時間をもっと有効に使いたいなら、やみくもに試して時間を消費してしまっては、大切な時間もエネルギーも無駄になってしまいますね。

カウンセラー
カウンセラー

何を選んで何を使えば、目標を叶えられるのか。皆様の婚活の目標である”結婚”が叶う近道をみつけるために、このブログが参考になったら嬉しいです!

無料PDFダウンロード
お見合い&デートを成功させる秘訣を公開!

”初対面の出会いを突破して次の約束をゲットする”ためのマニュアルを、男女別に作成しました。

●良い第一印象は◯◯で決まる
●簡単ステップで苦手な会話を克服する
●友達以上になるには◯◯する
●また会いたいって言われる人になる

幸せな気持ちに満たされる婚活をしましょう♪ぜひ活用してくださいね!

    女性向けマニュアル

      男性向けマニュアル

      ★プライバシーポリシー★