お見合い後に会えないのはなぜ?初デートが1ヶ月以上も先延ばしになる裏話。

お見合いの後で交際が成立したのに、初デートが1ヶ月以上も先にしか会えないケース、実は少なくありません。

初デートを先延ばしにするのは、男性より女性の方が多い印象があります。

デートを先延ばしする女性側の理由には「まだ付き合ってもいないのに、すぐに会いたいなんて気持ち悪い」という、驚くような理由もあります。

先延ばしにされた男性側としては、まさか自分が交際成立した女性から気持ち悪いと思われているなんて、想像できないものでしょう。

ほとんどの男性はもう「気持ちが冷めたのか?」「他の婚活相手を優先しているのか?」と想像するだろうと思います。

しかし、この状態に気疲れして、このまま婚活がうまくいかなくなる人もいますので、その裏側をここで整理しておきましょう。

今回のブログは、特に男性の皆さんに役立つよう「お見合い後の初デートを先延ばしにされてしまった時の対処法」をお伝えします。

男性にはなかなか理解しがたい、女性の気持ちを知ることができる内容です。ぜひ読んでみてくださいね。

女性がデートを先延ばしにする理由

お見合い後に「また会いたい」と希望したのはお互いに同じだったはずなのに、女性から初デートの日程を先延ばしにされて、積極的に交際したい様子が見受けられないのは、なぜでしょうか。

女性たちのこの行動、その理由はさまざまあります。ここでは4つの理由をご紹介します。

やむを得ない家庭の事情

女性が初デートの日程を先延ばしにする理由のひとつに、やむを得ない家庭の事情が影響していることも。女性本人も婚活を優先したいと思いながらも、理想通りには動けない場合があります。

たとえば
●休日は病気がちの家族をサポートしている
●事務的な手続きに関する用事が続いている
●家族間の人間関係に問題がある など

家族に関する事情は、相手に重く思われたり、好ましい印象に思われないことを恐れるため、正直に話しづらいこと

こうしたやむを得ない理由がある方の場合、特に交際初期の頃はまだ本音を言いづらい関係ですので、相手には言わないことが多いでしょう。

趣味を優先して婚活を後回し

習い事など趣味のスケジュールを先に決めた後、空いている時間に限って婚活している女性もいます。

相手の男性からすれば本気で婚活する気が無いようにも見えますが、本人は全力で頑張っているつもりです。自分の時間を充実させながら、空いた時間で効率よくいい人に出会いたい、と思っているだけなのです。

きっと「習い事で予定が詰まっててスケジュールが合わない…」言われた側としては、もやっとする理由でしょう。

自分の大切にしていること(たとえば、趣味や友人とのお付き合いなど)を、結婚する相手には全部受け入れてもらいたいと思うのは、お互い様かもしれません。

しかし、趣味よりも優先順位が低い存在として扱われるとしたら、先が思いやられます。男性から気持ちが冷めてしまうでしょう。

優先度を駆け引きする

冒頭にご紹介した「まだ付き合ってもいないのに、すぐに会いたいなんて気持ち悪い」というセリフを女性から言われたとしたら、男性はかなりショックを受けると思います。

さすがに、直接「気持ち悪い」と言ってくる女性はいないと思いますが、こうした考えの婚活女性が一定数いるのは本当です。

こうした考えをもった女性は、連絡の頻度や会う間隔もできるだけ間を開けたがるので、毎日LINEを送るようなことをすれば逆効果です。

それでも女性は、積極的に男性からアプローチしてくれるのか、自分の気持ちを優先してくれる人のかなど、男性の行動から確めしようとします。

本当に自分のことを大事にしてくれる相手かどうかを探るために駆け引き、どこまで自分のわがままが許してくれるのか、男性を試しているわけです。

気持ちが冷めてしまった

お見合いでは話が弾んで気持ちが盛り上がったものの、家に帰って冷静になると、自分の本音が違うことに気が付いたり、何らかのきっかけで気持ちが冷めてしまうことがあります。

気持ちが冷めてしまうきっかけの例をご紹介します。

●時間通りに男性が電話をしてくれなかった
●LINEの文言が気持ち悪かった
●他の良い男性からアプローチされた
●家族の話したらいい反応がなかった など

どれも女性が自分中心で考えたときに起こりうる、心変わりです。

このような気持ちに代わってしまったことを、女性が男性に直接言うことはありません。しかし、男性がなんとなく気がついてしまったとしたら、残念ですが当たりでしょうね。

初デートが先延ばしになる4つの理由
●家庭の事情があってやむを得ない
●趣味や友人との付き合いを優先している
●自分優先で婚活ペースを決めている
●気持ちが冷めてしまった

以上のような理由で、女性は初デートの日程を先延ばしにすることがあります。

実はどの理由も女性自身の受け止め方であり、自らが招いたこと。交際相手の男性がいくら頑張ったとしても、変わらないものは変わらない。交際の進展は期待できない相手です。

カウンセラー
カウンセラー

このブログを読んでくださっている男性の皆さん。もし、あなたがその渦中にあるとしたら、気持ちが揺さぶられるかもしれませんが、初デートの日を目指してなんとか乗り越えていきましょう。

初デートの日にちを決める時の心得

先伸ばしにならないようにするコツ

初デートの日にちが1ヶ月以上も先延ばしになるのは、女性側の理由だけではありません。男性はこの3つをおさえておいてください。

デートに誘う言葉は男性から

お見合いで交際が成立したら初デートに行くのが当たり前の流れとはいえ、男性からデートに誘う言葉をちゃんと伝えてくださいね。

お見合い後で交際が始まったならば、あなたが女性の好みに合っているのは確かですから、自信をもって誘っても大丈夫です!

また、交際にじっくり時間をかけたいと思う男性に多いのが、初デートの日を決めず、これからどうしたいのかを曖昧にしたままで、時間をかけながら連絡を取り合おうとすることです。

女性からすると、交際に消極的な男性にしか見えません。女性の初デートへのモチベーションががくっと下がってしまいます。

もちろん、女性からデートに誘ってもいいと思います。積極的に自分から行動できる女性のほうが、婚活はうまいきますから。

しかし、男性からのアプローチに期待して待っている女性が多いので、男性から積極的に進めた方が、ストレスなく交際が進んでいくでしょう。ぜひ男性から行動を起こしてほしいと思います。

最初の電話でデートプランを共有しよう

交際が成立して初めてかける電話(ファ―ストコールといいます)で、初デートの日にちを決められるといいのですが、「空いている日が無い」とか「空いている日がわかったら連絡します」と相手に言われるとがっかりして、その後の会話を盛り上げることなく電話を切ってしまうことはありませんか?

もしすぐに決まらなかったとしても、どこに行って何をするのかまでは、二人で話しておいてくださいね。

日にちが決まってから行き先を相談する順番にしておくと、具体的なデートプランの相談は、LINEやメールを使うことが多くなるでしょう。正直なところ、相手の気持ちを想像しながら気を遣ってメッセージを送るのは面倒ではありませんか?

文字では自分の希望を言いづらくなるので、本音が言えなくなってしまいます。

そうすると、再会するイメージが湧きにくくなったり、楽しみにする気持ちが盛り上がらないために、自然に後回しになっていき、他の用事があればそちらを優先してしまうことになるでしょう。

忙しさを理由にしない

誰もが忙しい毎日を送っているのかもしれませんが、忙しさを理由にするのは、自分のために時間を注いでくれる相手に対して、とても失礼なことです。

交際相手と少しの時間でも会えるように時間を作るのは、相手に歩み寄ろうとすることです。

だれもが貴重な時間を使って婚活しています。相手のために時間と労力をかけることをせず、その結果で交際期間を長引かせることは無駄な時間なだけです。相手の迷惑にもなってしまいます。

初デートが2週間先なら同時進行へ!

同時進行を判断するタイミング

初デートの日にちがなかなか決まらず、先延ばしになったとしても、相手から代わりの日を提案してくれるなら、まだ良いほうです。

しかし、それも無いならば、これから交際がうまく進む見込みは薄いと思っておいたほうがいいでしょう。

ならば、一人の相手に集中するのではなく、他の女性ともお見合いをしながら同時進行することがおすすめです。

結婚相談所での仮交際の期間は、複数人との交際が認められていますから、何人もお見合いが決まっていても、交際相手がいても差し支えありません。

成婚したカップルたちは、ほぼ休みのたびに会えるくらいに婚活優先の生活をしていましたよ。休みのたびに会うペース、毎週のように集中して会っていかないと、お互いにとって相手の優先順位は上がっていかないし、結婚にいたるくらいの関係まで深まりません。

女性がデートを先延ばす間に、他の男性とお見合いしたりデートに出かけている可能性もあるわけですから、初デートが2週間以上先になりそうなら、それが同時進行を積極的に始めるべき目安だと思ってください。

あなたと過ごす時間を大切にしてくれない女性に、あなたの気持ちや時間を無駄に消耗しなくていいと思います。

まとめ

会って話す時間がお互の理解を深めます

お見合い後の交際で、お互いに忙しくて会えないことを悩む方々は多いです。

初デートまで日が経つほど、相手の記憶は薄れますし、お見合いで高まったテンションはじわじわと下がり続けてしまいます。

テンションが下がった状態でデートしても、下がったものが上がることはまずないです。交際が続いたとしても、上がらない気持ちを抱えたままでは結婚を決めることはできません。

デートを先延ばしにした経緯から交際を解消することになったら、ご縁がなかったというよりも、交際の仕方が下手だったからご縁を逃したと言うこともできます。

SNSが発達していつでも連絡が取り合えるようになったとしても、実際に会って時間を共有しあい、会話で理解を深めあうことが、成婚につながる交際の必須条件です。

お互いの時間を尊重し、相手ために時間を注ぎ合える相手っていいと思いませんか?

ぜひ、結婚相談所で素敵な出会いをみつけてくださいね。

初デートが失敗するデートの行き先、女性は絶対リクエストしちゃダメ。

    女性向けマニュアル

      男性向けマニュアル

      ★プライバシーポリシー★