BLOG

お見合いすることになったら、何を着ていこうかなって考えますよね。【お見合い 服装 女性】で検索してみると、ワンピースやブラウス&スカートの組み合わせをおすすめする情報サイトを見かけると思います。

実際のお見合いでは、優しい色合いのワンピース姿の女性もいれば、全身ブラックのクールなパンツスタイルという女性もいます。いずれもお見合いに成功するし、失敗もします。

お見合いが成功する服装に、絶対ルールはありません。

じゃあ、ワンピースじゃなくてもいい?家にある服で何を着ていってもいいかというと、そうではありません。

たとえば、友達とランチに行く時と同じ服装や、結婚式の二次会で着るような服は場違い感がでてしまいます。また、おしゃれな流行りアイテムは、男性には誤解されてしまうかもしれません。

おしゃれな女性必見の、お見合いにふさわしい服装選びのヒントをご紹介します!

TPOをわきまえたお見合い向きの服装とは

お見合いに向かないおしゃれな服装

お見合いにふさわしい服装を考えてみよう

TPOをわきまえるとは、簡単に言うと「時と場所、目的に合わせた服装にする」ことです。

たとえば、仕事が営業職なら、鮮やかな色やキラキラした派手なものは控えるはず。「この人に仕事を任せたい」と信頼してもらえるような、相手が安心する服装を選びますよね。

人と会うときは、相手に合わせて服装を選びます。TPOをわきまえた服装選びには、相手に合わせ、相手を大切にする気持ちがあらわれるものです。

決して特別なことではなく、日常でいつもやっていることなんですよ。お見合いだって同じです!お見合いのTPOに合わせた服装を選びましょう。

場所・相手・目的に合わせる

お見合いにふさわしい服装はホテルの雰囲気に合わせる

お見合いするのはホテルのカフェが多い

お見合いする場所

お見合いする場所は、主にホテルのカフェやラウンジです。男性はスーツもしくはジャケットを着用するのが服装マナーとなっていますので、男性の隣に並んだ時に、違和感のない服であることが女性の装いの目安です。

スーツ姿の男性の隣で、ジーンズやスニーカーなどの服を着ていたとしたら?あなた自身も居心地が悪くなってしまいますよね。

会う相手と会う目的

お見合い相手は、あなたに女性としての魅力を感じて、会いたいと言ってくれる男性です。その相手の気持ちを大切にする服装ですから、女性らしさが感じられる服装、お見合いのTPOをわきまえた装いを選びたいですね。

「女性らしいってどういうこと?」「うちにある服、普段着ている服とは違うものなの?」と思ったら、【女性らしい服=女性だけが着られる服】だと、まずは考えてみてください。そうすると、ワンピースやスカートをお見合いの服装にお勧めする理由がわかりますよね!

今どきのオシャレを男性目線で考える

お見合いの服装を間違える女性

おしゃれな女性はお見合いの前に必見

ブランド品はお金がかかる女性?!

仕事にもプライベートにも、ブランドバックを愛用している女性もいますよね。

いつものバックを持ってお見合いに行こうと思うかもしれませんが、誰が見てもわかるブランドロゴの入った高額に見られるものは持って行かないほうが無難です。そのバックが自分のお給料で買ったもの、両親からプレゼントされた大切な一品だったとしてもですよ。

結婚を本気で考えている男性は、お金の使いみちを堅実に考えていますので、デートの場所やプレゼントにお金がかかりそうな女性を好みません。高額な物を身に着けていると、食事するお店選びでも、男性に気を遣わせてしまいます。

結婚相手と出会いたいと思って真剣に婚活している男性は、恋人選びとは違った目で女性を見ていますよ。

ネイルアートは男性には好まれない

きらきらつやつやの指先を見るとテンションがあがりますよね!かわいくなった自分に自信をもってお見合いしたいと思うかもしれませんが、女性と男性のカワイイの基準は違います。

男性の中にはカラフルなネイルアートや伸ばした爪を不衛生だと感じる人もいます。お見合いではお茶を飲むときに手元が目立ちますので、人口的な色やきらびやかな飾りがついた爪では、家庭生活をイメージできません。

ネイルをしておきたいなら、ナチュラルな色で清潔感を優先するようにしましょう。

抜け感・こなれ感は理解できない

最近よく見かける「抜け感」「こなれ感」というキーワードは、女性ならではの感性です。トップスを前だけインしたり、衿を抜いたりする着こなしなども見かけますが、実はだらしなく思っている人もいます。

また、カーデやジャケットなどの羽織りものに袖を通さず、肩にかける着こなしも流行っていますが、お見合いではNGです。

自分が思ってるよりも肩幅や全身を大きく見せてしまいますし、物理的にも男性との距離を作ってしまいます。周りから自分を守りたい、鎧をつけて相手を近づけないなど、視覚から相手に影響を与えてしまうんですよ。

レースやチュール素材の選び方に注意

レース素材は柔らかい女性らしさを表現しますが、肌や下着が透けていると下品に見えてしまいます。ストラップなのかキャミソールなのか?見せてもいいように作られたインナーなのか?男性には違いが判りませんから、全て下着だと思われてしまうこともあります。

黒色のレース素材や、特に黒色のチュールを使ったトップスは、遊びのアイテム。お見合いする場所は照明を落とした雰囲気のある場所が多いため、顔色が悪く見えたり、透け感が強いと場違い感が出てしまいます。

デニム素材はカジュアルな場面だけ

ジーンズ・デニムは、もともと作業着から生まれた素材。キラキラのパールやビジューが付いたデザインでも、カジュアルな印象ですので、お見合いの場には不向きです。お気に入りのものがあれば、お見合い後の初デートで着用しましょう。

レッグアイテム3つのNG

お見合いでは、テーブルをはさんで向かい合わせで座りますので、相手に一番見られているのは上半身です。とはいえ、足元はなんでもいいわけではありません。

レギンス

男性にとって、レギンスはスポーツアイテム。今年は特に流行ってますが、スカートやワンピースの下に履いたりなど、おしゃれなコーディネートの一つに加わっているのを理解できない男性もいます。

特に足首丈の黒レギンスは、年配の女性が好んで着ていたり、部屋着のひとつとしても定着しています。黒は細く見えるから大丈夫と思っているかもしれませんが、レギンスの場合は短く太く見えてかえって逆効果です。

柄入りタイツやカラータイツ

洋服とのコーデが一番難しいアイテムです。個性を主張しすぎたり悪目立ちしますから、お見合いでは避けましょう。

ぺったんこのフラットシューズ

フラットシューズはふくはらぎが太く見えたり、O脚やガニ股など、脚の形や歩き方の悪い癖が目立ってしまいます。5~7センチヒールは、脚のラインをきれいに見せて、歩き方の癖もカバーしてくれるのでお勧めですが、履き慣れていない人は3センチのローヒールで挑戦してみてください。

男性目線を理解すべき理由

お見合いが成功するとLOVEが生まれる

男性目線を理解する意味

結婚後のイメージで、オシャレなライフスタイルを思い描いたり、相手にオシャレな見た目を求めるのは女性側です。男性は、実際の結婚生活や結婚相手に高度なオシャレ感を求めません。流行に敏感でオシャレすぎると遊んでいる女性、自分の楽しみにお金をつぎ込む女性に見えてしまいます。

今回は身近なファッションアイテムを例にしてみましたが、女性が好んで身に着けるアイテムも、男性目線では違う印象に見えてしまいます。男性の目線を知ることは、決して媚びるためではありませんよ!

一番大切にしたいこと

結婚する相手とは、これから何年も何十年も一緒にいて、良い関係を築いて行くことが永遠の課題になります。

人間関係をより良くするコミュニケーションで大切なのは、
相手の目線に立って考えること。
相手の気持ちに自分から気が付くこと。

職場でも友人でも、誰とでも良い関係を築いている人は、この感覚を身につけています。家族に対しても、自分を中心に考えてしまっては、うまくいきませんよね。

たとえ、同じ場所で同じ経験をしたとしても、男性と女性は物事の見方やとらえ方が違います。男女の違いを知っておくと、ほかの場面でもうまくいくようになりますよ。お見合いの服装選びにもいかしてくださいね!

相手のための装いを
お見合いで着ていく服選び、何を着ていこうかな♡と楽しんでいる人もいれば、困ってしまう人もいると思います。ぜひ参考にして、お見合いをすてきな出会いにしてくださいね!

 ↓  ↓  ↓  ↓
服装だけじゃない
お見合いがうまく秘訣を教えちゃいます!