最初の3秒が勝負!お見合いで好印象の服装とは?オシャレ好きな女性必見です。

お見合いがうまくいかない女性

「お見合いって、何を着ていけばいいんだろう?」
「お見合いで好印象の服装ってどんなものがいいのかな?」
「普段着ている服、今持っているお洋服でもいいのかな?」
「スカートなんて履いたことない。自分の好きな服でもいいかな?」

お見合いに着て行く服を何にするか悩むのは、女性も男性も共通した悩みのようです。

”初対面の印象は出会って3秒で決まる”と言われていますから、服装ひとつで人の印象は変わります。

第一印象が良いと、お見合いが成功する可能性も高まりますので、何を着ていくのかは本当に大切なことです!

このブログでは、最初の3秒で好印象になる!お見合いの服装選びのポイントをご紹介します。

お見合いにふさわしい服装を選ぶために

まず、服装選びはTPOに合わせるのが基本です。

TPO”ティーピーオー”とは、Time「時間」、Place「場所」、Occasion(Opportunity)「場合」3つの頭文字をとって、時と場所、場合に応じた方法・態度・服装等の使い分けのこと(引用元:Wikipedia)

たとえば、仕事で着る服は職種によっても違いますが、営業先に出向くような場面であれば、「この人に仕事を任せたい」と相手に信頼してもらえる印象を大切にするでしょう。

また、冠婚葬祭の場面(葬儀や披露宴など)では、何を着ていけばいいのかを人に聞いたりネットで調べたりしませんか?TPOに合わない服を着ていたら、自分だけ浮いてしまったり、恥ずかしい思いをするかも、と想像できるからですね。

時と場所、目的や相手に合わせた服装を選ぶ習慣が、身についているひとが多いと思います。

好印象を決める!お見合いの服装3つの条件

お見合い向きのホテルロビー
お見合い成功のために!

お見合いが初めての人にとっては、どんな服装を着たらいいのかわからないのは未経験ですから当然です。お見合いにふさわしい服装3つの条件を詳しく解説したこの内容、きっと参考にしていただけると思います!

場所の雰囲気に合っていますか

お見合いの場所はホテルのカフェやラウンジが定番、友達と気軽にお茶するカフェや喫茶店よりも少しだけフォーマルな場所です。

そして、男性はスーツもしくはジャケットを着用するのがお見合いでの服装マナー。スーツ姿の男性の隣にジーンズやスニーカーでカジュアルな服装の女性がいたら、どうでしょうか。周りから見てもちくはぐな印象ですし、男性もあなた自身も居心地が悪くなってしまうでしょう。

お見合の場所にふさわしく、男性の隣に並んだ時に違和感のない服かどうか。これを基準に考えるのがまず1つめの条件です。

女性らしく清潔感のある服装ですか

お見合い相手とは、お互いに異性としての魅力を感じながら、あなたに会いたいと言って会いに来てくれる人ですね。

あなたが異性を見たときと同じように考えてみてください。結婚相手になるかもしれない相手には、やはり男性らしい魅力を期待するでしょう。

男性の服装はスーツ一択でOKですが、女性はいろいろなスタイルを選べます。その中でも、【女性らしい服=女性だけが着られる服】という言葉をヒントにして考えると、お見合いの服装でお薦めなのはスカートやワンピースが第一候補です。

女性は女性らしく、男性は男性らしく。そして、清潔感のある服装が、お見合いにふさわしい服装だといえるでしょう。

あなたに似合った服装ですか

「パンツスタイルが好きだから、スカートなんか持ってない。」「黒色の服が一番落ち着く。明るい色の服なんて着たことない。」という女性の声を聞くことがあります。

実際のお見合いでは、ワンピースを着ておけばお見合いが成功するわけではなく、パンツスタイルや黒い服を着たからお見合いが失敗するわけでもありません。だったら何を着てもいいじゃないかと言う人いるかもしれませんが、結婚を考える道のりにはたくさんのYESとNOが巡ってきますので、最初の印象がアップする方法を使って、スムーズに出会いを始めたほうがいいですよ。

スカートは自分らしくない、明るい色や花柄なんて似合わないと思っていても、自分も周りの人も「すごく似合ってる!素敵!」と思う、あなただからこそ似合うスカートやワンピーススタイルが必ずあります。

きっと気がつかないまま、新しいあなた自身をみつけていないだけなのでは。スカートやワンピースを着たことがないという女性こそ、お見合いを機会にちょっと新しい装いを試してみませんか?と、提案したいと思います。

お見合いに着ていく服がない?!パンツスタイル派の服選びをお助け!

こちらもおすすめ

普段からスカートを履かない女性にとって難しいのがお見合いの服装選びですね。スカートやワンピースじゃないとダメ!ではないので安心してください。好印象になるパンツスタイルをご紹介します!

男性目線でNG!注意すべきお見合いの服装

華やかな緑色のスカートを着た女性
おしゃれな女性必見のチェックポイント!

会いたかったあの人に会えるって考えると、ワクワクしちゃいますね。「お見合いに何を着ていこうかな~って」張り切ってお洋服を決めるに、ぜひ読んでくださいね。

女性たちに流っているものや、おしゃれなアイテムの中にはお見合い向きでないものもありますよ。

ブランド品はお金がかかると思われてしまう?!

仕事にもプライベートにもブランドバックを愛用している女性は、いつも通りのバックをお見合いに持って行くかもしれません。もしくは、お見合いは特別な出会いの場所だからこそ、一番いい洋服や大事なバックを選ぶかも。

いずれの場合でも、誰が見てもわかるブランドロゴの入ったものは、持って行かないほうが無難です。たとえそのバックが、自分のお給料で買ったもの、両親からプレゼントされた大切な一品だったとしてもですよ。

お見合いするのは、結婚を本気で考えている男性たち。結婚相手と出会いたいと思って真剣に婚活している男性ほど、恋人選びとは違った目で女性たちを見ています。バリバリ働いて高い年収を稼いでいる男性も、お金の使いみちを堅実に考えています。

高額に思われるバックや装飾品を身につけている女性との交際では、食事するお店選びでも男性に気を遣わせ、次第に男性は疲れてしまいます。お付き合いにお金がかかりそうな女性は、最初から男性に敬遠されてしまいます。

ネイルアートは好まれない

きらきらつやつやの自分の指先を見ると、女性はテンションがあがります!ネイルもかわいらしく綺麗に整えてから、相手に会いたいと思うかもしれませんが、男性の中にはカラフルなネイルアートや伸ばした爪を、不衛生だと感じる人もいます。

お見合いではお茶を飲むときに手元が目立ちますので、人口的な色やきらびやかな飾りがついた爪では、家庭生活をイメージできません。「いつも家事をしていないだろう」と、イメージづけれてしまいます。

ネイルはナチュラルな色、清潔感のある爪にしておくことをお薦めします。

抜け感・こなれ感は理解できない

最近よく見かける”抜け感”とか”こなれ感”というキーワードは、女性ならではの感性です。トップスを前だけインしたり、衿を抜いた着こなしなどを、だらしない着方だと感じる人もいます。

カーディガンやジャケットなど、腕を袖を通さず肩にかける着こなしも流行っていますね。

自分が思ってるよりも、肩幅や全身の存在感を大きく見せてしまいますし、周りから自分を守りたい、人を近づけたくないなどを印象づけてしまうとも言われています。

何よりも物理的にも隣の人との距離を作ってしまいますので、男性と一緒に場面、もちろんお見合いでもNGです。

レースやチュールはセクシー過ぎる

レースやチュールのデザインはかわいらしいものがたくさんありますが、肌見せする服は控えましょう。

黒色のレースやチュールを使ったトップスは、男性にはセクシー過ぎると思われてしまいます。レースから下着が透けるようなデザインでは、下着なのか?それとも、見えてもいいように作られたインナーなのか?という違いを、男性にはまったく判別できないからです。

お見合いするホテルのラウンジやカフェなどの落ち着いた雰囲気では、肌の透け感が強いと品がないように見えてしまったり、場違いな感じが出てしまうので、清潔感とはほど遠い印象になってしまいます。

デニムはカジュアルなデートだけOK

ジーンズ・デニムは、もともと作業する人のために作られた素材です。

女性用にキラキラのパールやビジューが付いたものでも、素材の印象だけでカジュアルな服になってしまいます。どのようにアレンジしてあったとしても、ブルーのデニムはお見合いの場には不向き。お気に入りのものがあれば、デートで着用しましょう。

男性をがっかりさせるレッグアイテム

お見合いでは、テーブルをはさんで向かい合わせで座りますので、相手に一番見られているのは上半身です。とはいえ、足元はなんでもいいわけではありません。

●レギンスやロングパンツコーデ
スカートやワンピースの下にレギンスやロングパンツをコーディネートするのを、女性はおしゃれでかわいいと思いますが、男性には理解できません。

男性にとってのレギンスは、基本的にスポーツアイテム。男性もマラソンやランニングで履きますから、まさにそのイメージです。

特に足首丈の黒レギンスは、年配の女性が好んで着ていたり、部屋着のひとつとしても定着しています。黒色なら細く見えるから大丈夫と思っているかもしれませんが、足首の位置で長さが区切られてしまうレギンスでは、その位置が足の長さになって短足に見えてしまい、かえって逆効果です。

●柄入りタイツ・カラータイツ
柄入りタイツは、遊び感覚のカジュアルな服装か、もしくは華やかなフォーマルな席で履くアイテムです。カラータイツは個性を主張したいときには役に立ちますが、洋服とのコーディネートが一番難しいアイテムです。

お見合いでは、主張しすぎて悪目立ちするだけですので避けましょう。

●バレエシューズ・フラットシューズ
かわいらしいバレエシューズ、かかとの低いフラットな靴は履いているときは楽ですが、O脚などの脚の形や、足の太さが目立ってしまう靴です。

また、がに股など歩き方の癖も目立ちやすく、気がつかずにペタペタ歩きになってしまいがち。決してスマートな歩き方には見えません。

いかがでしたか?
いかがでしたか?
男性目線を知ることは、男性に媚びることではありません。恋愛に真面目な男性たちは、オシャレすぎる女性には気後れしてしまうからなんです。自分からチャンスを逃さないようにしましょ。

お見合いにおすすめの年代別リアルコーデ6選

お見合いでもデートでも、鉄板はスカートかワンピース!迷わず選べるように、年代別のリアルコーデの例をご紹介しちゃいます。

ちなみに、ネットで『お見合い 女性 服装』で検索して、ゲストドレスやカットソー素材の服を紹介しているWEBサイトは論外です!お見合いに着て行ったら場違いですから注意してください。

ここで紹介する一例は、お見合いの現場を知っている婚活のプロが選ぶから間違いありませんよ!

若々しさとかわいらしさで好印象!20代おすすめアイテム2選

20代あるある
20代あるある

20代の特徴は、若さと素直なかわいらしさです!「なんだか地味すぎちゃって、20代っぽくなかったなあ」と男性たちに言われないようにしましょうね~

 

●柔らかく揺れる素材&明るい花柄ワンピース
繊細なタッチの花柄がとても優しい雰囲気です。ブルー系の色味は清潔感と清楚に見えて、全身が花柄でもさらに好印象がアップ。柔らかい素材感も最高ですね!

 

●カーディガン&ミディアムスカートのお手本コーデ
カーディガンのボタンを留めてトップスにするテクは着回しに有効!厚みのあるレース素材のスカートは、3シーズン着られる優秀アイテム。色やレースの柄次第で、かわいらしくもなれます♪

少しオトナっぽい女らしさ!30代おすすめアイテム2選

30代ならでは!
30代ならでは!

30代は、少しオトナっぽく柔らかな女性らしさが発揮できる時!20代の気持ちから少し成長して、服装もちょっと大人目線で選びましょう♪

●プリーツスカートのドッキングワンピース
襟元とボタンの印象でくだけすぎないきれい系ワンピ。揺れるプリーツと大きなリボンで後ろ姿もかわいらしく♪この写真のバックの大きさも靴合わせも、そのままでバランスOKのおすすめコーデです!

 

●レフ板効果大の白トップス&花柄スカート
白色のトップスは清潔感MAXのアイテム、レフ板効果で肌も綺麗に、表情も明るく見えます。大柄のスカートでも、ベースカラーがダークな色合いだと抵抗なく着やすいですよ。花柄スカートは気分も上がるし、女性ならではのアイテムです。

 

この投稿をInstagramで見る

 

TIARA(@tiara_melrose)がシェアした投稿

穏やかで明るい魅力が全開!40代おすすめアイテム2選

40代だからこそ!
40代だからこそ!

40代の特徴は、穏やかで艶やかな女性の魅力です!もう○○だし…って言いがちな年頃だけど、諦めてしまったら一番もったいない時期がここですよ。

 

●シフォンがふわふわ♪優しい印象のセットアップ
くすみカラーは、黒やネイビーなどオーソドックスな色を好む人にも着やすい色。無地でもシフォンで好印象!ネックレスを胸元に沿わせると華やかさを出せます。靴とバックは白が爽やかです。

 

●柔らか素材のブラウス&すっきりラインのスカート
夏の素材でもカーディガンで調整すればオールシーズンOKなので、年代問わずお見合い用にワンセット作っておくと最強です。トップスは白を定番に、イエローやピンクなどでもボトムに使うと何色でもチャレンジできる、イチオシのコーデです。

お見合いにおすすめの靴とバックの選び方

女性は服装の選択肢が多い分、靴もバックも…と考えたらコーディネートに悩みますよね。お見合いのための靴とバック選びのポイントと、オススメのお店をご紹介します。

靴選びのポイント

●足が綺麗に見える!3~4センチヒール
パンプスタイプの靴、ヒールの高さは3~4センチくらいがベスト。かかとのある靴を慣れていない人でも一番なじみやすく、履きやすく感じる高さです。

なお、普段から5~7センチヒールを履いている人は、膝が曲がったまま歩いていませんか?お見合いする男性よりも、靴を履いた自分の背が高くなっていませんか?この2つをチェックしておきましょう。

 

●汚れや劣化は絶対NG!足元で清潔感をチェック!
お見合いは座って話す時間のほうが長いため、足元は見られていないと思うかもしれませんが、けっこう注目されています。

汚れていたり、古びて擦れていたり、表面の皮がめくれていたりすると、清潔感なく思われてしまいます。決して新品でなくてもいいので、お手入れされたものを履きましょう。

すべての年代OK!
すべての年代OK!

この2つのお店はどちらも履きやすい作りで、ちょっとだけトレンド感のある靴が1万円以内で揃っています。大事にお手入れして長く履きたい人、自分の足に合った靴を探したい人は、ぜひ参考にしてください!

バック選びのポイント

●椅子に座ったとき、後ろに置けるコンパクトサイズを!
お見合いの主な場所となっているホテルのラウンジには、各席で荷物を置けるかごや、一人づつの荷物置き場はほぼ備えてありません。

椅子の横に置いて座るか後ろに置くかのいずれかですので、やはり小さめのサイズがいいでしょう。最近人気のバック、参考になるタイプをいくつかご紹介します。

 

⇒定番色はもちろん、シーズンカラーも揃っています。本革でも重くなく、Mサイズは長財布が入ります。お見合いは手持ちで、カジュアルな時は斜めがけで使うのも便利!

⇒オーソドックスな色と形のバックは年代を問いません。スカーフなどリボン結びすれば、かわいらしくアレンジしていろいろと楽しめますよ。

 

⇒仕事にも使えるかっちりめのバックは、サイズが大きくなるほど印象が固くなるので、Sサイズを選ぶのがおすすめです。

あなたはどっち?
あなたはどっち?
バック好きな女性、多いですね。あなたはプチプラで頻繁に買い換える派?それとも、ちょっとイイ物を買って長く使う派でしょうか。お見合いでのバックはただの脇役ですから、大きさも色もブランドも主張しすぎないものを選ぶ!これが基本ですよ。

3秒が勝負!好印象で出会いをスタートするために

LOVE
最初の3秒で第一印象が決まる

オシャレなライフスタイルを思い描いたり、男性の服装や好みの傾向がオシャレかどうかをチェックするのも、多くは女性です。

男性で堅実に結婚生活を考えている人ほど、結婚する相手の好みや結婚後のライフスタイルがおしゃれかどうかなんて全く興味がありません。

流行に敏感で女性から見てもキラキラした素敵な女性たち、男性は気後れして避けてしまいますから、自分磨きもほどほどにしましょうね。

「第一印象は最初の3秒で決まる!」この言葉を忘れずに、好印象の出会いをスタートしましょう。

    女性向けマニュアル

      男性向けマニュアル

      ★プライバシーポリシー★