BLOG

お見合いした後、お互いに「もう一度会って話をしたい!」と希望すれば「交際成立」です。

お見合いは仲人が時間と場所をセッティングしますが、次回からは二人で直接連絡を取りあって会う日にちを決め、1対1のお付き合いが始まります。

まず仲人を介して携帯電話の番号を交換し、男性から女性へ最初の電話をしてもらいます。(お見合いの後の最初の電話をファーストコールといいます)

ファーストコールは、お互いへの期待が高まっているタイミングです。その後の交際がうまくいくために、ファーストコールのマナーとポイントをまとめました。

ファストコールで守りたいマナー

電話で話すのが基本

ファーストコールは電話で話すのが当たり前ですが、電話で話すことが苦手だと、ショートメッセージなどで済ませてしまう人がいます。

電話で声を聞くのと、メールでやりとりするのとでは、相手との気持ちの距離感が変わります。お見合いで1回会っただけだと、電話は緊張する人がいるかもしれませんが、ここは勇気を出して電話で直接話しましょう。

電話するタイミング

電話番号を交換する際、相談所同士で女性へ電話してもよいタイミングを確認し、男性から電話する日にちや時間をセッティングします。お見合い当日の夜もしくは翌日以降の夜間が多いです。(相談所によって電話番号の交換だけ)

男性の時間の都合もありますので、複数の電話可能な日時を確認して共有しますが、出来るだけ早い時期に男性から電話するのがポイントです。女性はワクワクしながら電話がかかってくるのを待っていてくれるかも!

時間の希望が特になければ、帰宅して夕食を食べた後の時間を目安にしてみてください。22時以降の電話は控えたほうがいいでしょう。

長電話・タメ口はNG

最初の電話で長々と話したり、急になれなれしくタメ口で話すのはまだ早い!

電話がつながった時は「今、話しても大丈夫ですか?」や、しばらく話した後は「もう少し話していても構いませんか?」など、相手の都合を気遣ってあげてください。自分のことを考えてくれる人なんだということが、安心や信頼、そして居心地の良さにもつながります。

今はまだ、連絡先を交換しただけ。電話で話し込みたくなるほど、声を聞きたい・話したい相手になれるかどうか、心の距離が縮まるかは、何度も会いながら、二人の関係性を作っていく時間が必要です。

ファーストコールで話しておきたい5つのこと

お見合いのお礼

一番最初に伝えたいのは、お見合いへのお礼です。お見合いの挨拶ですでに伝えているかもしれませんが、もう一度あらためてお礼を言ってください。

相手から申し込まれたお見合いでも、相手が自分のプロフィールを見てお見合いをOKしてくれたから、次のステップに進むことができたわけです。

再会を希望してくれたことへの素直な気持ち

交際が成立したとき、どんな気持ちになりましたか?きっと、嬉しかったですよね!その素直な気持ちと一緒に、あらためて感謝の言葉を伝えてくださいね。

交際期間は、1対1のコミュニケーションを深める時間です。自分の気持ちや考えていることを伝え、受け入れてもらい、理解しあう過程を重ねていきます。相手に対して素直になる気恥ずかしさを、最初から乗り越えていきましょう。

次に会う日にちを相談する

ファーストコールは気持ちが一番高まっているとき。再会の日にちがなかなか決まらないと、高まった気持ちが冷めてしまうこともあります。できるだけ早い時期に再会できるようにしましょう。

お見合いの後の再会は、初めてのデートです。ファーストコールで、日にちを決められるといいですね。相手の休日や空いている日にちを尋ね、相手に合わせるつもりでスケジュールを一緒に考えてみてください。

今後の連絡方法を確認する

電話以外の連絡方法を相談して決めておきます。

最初の電話で「LINEのIDを交換して。」と相手から言われ、お見合いで一回会ったきりの相手に教えることをためらう人もいます。

メールやSNSなど普段から使い慣れている連絡方法や、交際相手に教えてもよい連絡先は、人によって違います。まずは相手にどんな連絡方法がいいのか尋ねてみてください。

一方的な提案にならないようにしましょう。

ちょうどよい連絡頻度はどれくらい?

どんな連絡方法であっても、どれくらいの頻度がお互いにちょうど良いのか、相手にも聞いておいてください。この感覚がお互いにずれていると、返信のタイミングにストレスを感じたり、不安になったり、相手の気持ちを深読みしすぎて気持ちが離れてしまう人もいます。

結婚相手は、共に暮らし、毎日顔を合わせて会話する人です。交際期間中もできるだけ直接会って会話する時間を作る中で、相手との相性を見極めてみてください。

便利な連絡方法を頼りすぎないことも大切です。返信スピードやメールの文面のちょっとした違いで気持ちが左右されないようにしましょう。

初めてのデートはいつどこへ?

初デートはお互いのことをまだよく知らない段階でもあり、異性と二人きりでいることに慣れていなければ、長時間のデートにはストレスを感じてしまうことも。

最初からリッチなディナーを予約したり、一日おでかけデートを計画しなくてもいいんです。まずはランチかケーキを食べに行くなど、短時間のデートを考えてみましょう。

ディナータイムに時間が合わなかったり、一日中空いてないのを理由に、デートの日を先延ばしにする人もいますが、早い段階に短時間でもこまめに会うことのほうが大切です。

交際が成立したとはいえ、すぐに恋人同士のように振る舞うことは難しいですね。少しづつ二人でいる時間を長くし、お互いへの理解を深めながら、気持ちの距離を縮めてみてくださいね!

スムーズに交際をスタートするために
7月三連休に初めてのお見合いをした30代男性Aさんは、お相手からも再会を希望してもらって交際が成立!Aさんから「最初の電話はどんな感じで話せばいいんですか?」という質問を頂戴しました。結婚相談所の婚活が初めての人にとっては、何かお約束事があるのかもと思う人がいるようです。ぜひ参考にして、スムーズにお付き合いを始めてみてくださいね!