BLOG

「お見合いには何を着ていけばいいですか?」とよく聞かれます。初めてのお見合いで、家にあるものをそのまま着て行ってもいいのか悩みますよね。

男性の服装は、ジャケット着用が基本です。最近のお見合いはホテルのラウンジで待ち合わせます。少しフォーマルな場所ですから、スーツだったら間違いありません。

お相手の女性に「また会いたい!」と言ってもらえるお見合いになるといいですね。
男性はスーツをかっこよく着こなしましょう!

有名ブランドのオーダースーツで失敗した男性

趣味の欄にファッションと書いてある、オシャレするのが大好きな男性のお見合いに同席することがありました。彼がお見合いに着てきた服は、つやつやしたいかにも高級そうな生地のスーツでした。

ジャケット・ジレ・パンツを同じ生地でそろえてあり、会話の中でオーダースーツだったことがわかりましたが、会社勤めで仕事で着るには不向きなスーツ。華やかな場所へ遊びに行く時に着ていくような服装です。

お見合いだから彼はバシッとかっこよく決めてきたのだと思いますが、残念ながら、お見合いではマイナスのイメージになってしまいます。お見合い相手の女性から見た彼の印象は、「洋服に浪費する人」「働いている姿をイメージできない人」「仕事よりも遊ぶ時間を大切にする人」に見えてしまうから。

高級なお店の特別なスーツだから大丈夫!と思うかもしれませんが、相手に悪い印象を与えてしまったなら、その場所にはふさわしくない服装になってしまいます。

女性がお見合い相手に求めるのは、「誠実な人」「仕事ができる人」「清潔感のある人」という3つ。これは第一印象で決まります。お見合いで何を着てくかは大事なポイントです。

スーツのNGパターンをチェック!

仕事によってはカジュアルな服で通勤で着る男性もいますよね。となると、普段からスーツを着る機会が少ないでしょう。

もし、イベントの時だけ、自宅にある“いつものスーツ”を着ている男性は、ぜひ確認を!

“いつものスーツ”に一つでも当てはまるものがあれば、お直しをするか新しいものに買い替えるか、考えてみてください。

1.ジャケットの肩幅が余ってしまう
2.手の甲が半分以上かくれる長い袖丈
3.だぼだぼのタックパンツ
4.足首が見えるくらい丈が短くなっている

「ウエストサイズが変わっていない。ズボンが履けるからまだ大丈夫!」って思っていませんか?
“いつものスーツ”は、ジャケットが【大きな肩幅でお尻が隠れる丈】だったり、ズボンが【タックの入った幅が太くて裾丈は短め】だったりしたら、これは今のサイズと合っていませn。

こんなスーツを着ていると「野暮ったい人」「年齢よりも老けている人」「身だしなみに無頓着な人」に見えてしまいます。

着ている服で自分の印象を決められてしまったら残念ですよね。見た目よりもフィーリングを大事にしたいと考えているなら、なおさらです。思い切って買い替えることをお薦めします。

第一印象でチャンスを逃さないために、お見合いが成功するスーツを用意しておきましょう。

サイズ選びは身だしなみ
男性のみなさん、女性の服のサイズをご存知ですか?
【7号(S)・9号(M)・11号(L)】という表示になっていて、ワンサイズ大きくなったら女性にとっては大事件!わざわざ大きめサイズの服を着ません。体のサイズに合う服を着ることは、身だしなみのひとつですよ。

お見合いにふさわしい、似合う一着の選び方

新しいスーツを買いに行く時は、スーツに合わせたいシャツや小物(ネクタイ・靴・ベルト)があれば、着用して行きましょう。

スーツの色・柄

お見合い向きなのはネイビーかグレー。お見合い場所となるホテルラウンジなどは落ち着いた照明が多く、黒や黒に近い濃い色は暗い印象になってしまいますから避けましょう。ストライプ柄は控えめなものであれば比較的どなたにも似合いますが、自信がないときはお店の人などにアドバイスを受けましょう。また、格子柄は身長の高い人に似合う場合が多いです。

素材・形

オールシーズン着られるものも増えていますが、春・秋・冬の3シーズン着られるものが使いやすいです。最近の傾向は細見のジャケットにタック無しのストレートパンツの組み合わせ。スリーピースも流行っていますので、気軽に着る人が増えていますが、フォーマルすぎるものはお見合い向きではありません。

シャツ・ネクタイ

シャツの基本色は白。少し変化を出すなら、ボタンダウンやクレリックの襟付きでもいいと思います。顔の近くに明るい色味があると、顔色を明るくしてくれます。ネクタイはブルー系やイエロー系、ピンク系など明るい色味のものがお見合い向き。シャツは色味があったり柄物でもOKですが、ネクタイやスーツと色のバランスを合わせるとおしゃれに見えます。

お買い物に慣れていない人も勇気を出して!
似合うものがわからなくて困ってしまったら、遠慮なくお店の人に相談しましょう!

【30代Aさんのお買い物】お見合いのプロが同行しました!

お見合いで良い返事をもらうことできない30代男性会員のAさん。スーツ変えて第一印象をアップしてみよう!と、仲人がスーツの購入に同行しました。

STEP1 お買い物先は某量販店

お見合いは数日後に迫っています。直前に準備することになったので、今回はAさんの自宅近くにある量販店へ。品ぞろえが豊富な大型量販店では、試着して即購入できるし、その日のうちに裾直しできますから、時間が無いとき、日にちが迫っているときは本当に便利です。

Aさんから「お見合い用のスーツなのに、近所の店で買ってもいいんですか?」と、ちょっと驚かれましたが、大事なのはどこで買うかより何を買うかですよ!

STEP2 試着する数を絞り込む

まずは採寸してサイズを確認します。店頭の商品から、型違いのものを順番に試着させてもらいました。

実際の試着は立姿勢で確認しますが、お見合いはテーブル席で座って話しますので、相手に一番見られてしまう上半身の印象が大事です。まずはジャケットの肩幅と背中、ウエストラインのフィット感を確認。ジャケットが決まったら、パンツと合わせて全身のバランスを確認。細身のジャケットにストレートパンツのセットアップで、全身がすっきりスマートに仕上がりました。

STEP3 似合う色を見つける

彼がいつも着ているのはネイビーだったので、まずは着慣れた色から。そして今度はグレーで同じ形のものを試着。するとグレーのほうが、顔色も全身も明るい印象になりました。靴を履いて全身を鏡に映したら、正面と横、必ず後ろ姿も確認します。

STEP4 お見合いにふさわしい、かっこいい1着を決定!

グレーは大人の余裕やおしゃれな雰囲気を表現する、どんな色のシャツやネクタイとも幅広く相性の合う便利な色です。Aさんの“いつものスーツ”から印象がガラッと変わり、Aさんも「お、これいいねえ~♪」と目を輝かせていましたよ。

さて、お見合いの結果は??

明るいグレーのセットアップとボタンダウンシャツ、ボルドーのネクタイでかっこよく着こなした彼のお見合いは大成功!相手の女性から、嬉しい返事を頂戴することができました。

靴・ベルトの選び方
かかとがすり減っている・擦った傷がある・形が崩れている靴は買い替えを!ウォーキングシューズやスニーカータイプのビジネスシューズは避けてください。靴とベルトの色を合わせるとすっきり見えます。

バックは持たない!
セカンドバックは女性には好まれません。斜めがけバックやリュックはジャケットの形を崩しますから避けましょう。ズボンのポケットに財布を入れる習慣はやめましょう。財布とスマホ、ハンカチくらいの持ち物なら、ジャケットの内ポケットに入れて鞄はあえてもたない!立ち居振る舞いがスマートになります。

お見合い用コーディネートを1着決めておこう!

「他に着る機会がないから、わざわざ新しいのを買わなくても・・・」と思った人!

お見合いした後は、おしゃれなレストランへデートに行くかもしれません。交際がうまくいったら、プロポーズをかっこよく決めたいですね!ご両親への挨拶にも、このスーツを着て行くことになるでしょう。婚活しているとスーツを着る機会は増えますから、新しく購入しても無駄にはなりません。

お見合い用のスーツ・シャツ・ネクタイの組み合わせを決めておけば、毎回、何を着ていくか悩むことがなくなります。

ぜひ、似合うスーツをかっこよく着こなして、婚活をスムーズに進めましょう!